コンテンツへ移動

南米11日目 プーノ

夜中にしばらくいたクスコを出発し早朝にプーノへ到着。

プーノという街は標高3850mにあり、富士山より高い場所に位置する。

あまり空気が薄いという感じはしなかったが、のっぽは少し苦しかったらしい。

ちょうど日が昇る前、綺麗だ。

P9092020.jpg

バスターミナルを一時離脱し朝日を見に行く。
P9092025.jpg

チチカカ湖にのぼってくる朝日をみたあとバスターミナルに戻る。

ちなみに今日の予定は決めていない。クスコにてウロス島のツアーを申し込もうと思ったが80ソルと言われたのでやめた。

ひとまず、ペンション八幡で「Manco Capac Inn」に行く人が多いということだったので我々もそこへ行くことに。

バスターミナルにいたおばちゃんに相談したらタクシーの手配までしてくれた。宿は1泊20ソル。とても綺麗で満足。

おばちゃんは旅行社の人だったようで、日帰りのウロス島、タキーレ島のツアーに滑り込ませてもらうことになった。昼飯付き一人40ソル。英語OK。インカツアーズというところです。

 

ひとまずはホテルに荷物を置き後ほどツアーのバスがホテルまで迎えに来た。

P9092061.jpg

港へ到着。
P9092063.jpg

船に乗る!

P9092067.jpg

すべりこみだったので席というより添乗員が座る席みたいな感じだったが、乗れたのでオーケー。

出発前にチャランゴと笛で弾き語りするおっちゃんがきた。うまい。
P9092073.jpg

しゅっぱーつ!
P9092079.jpg

しばらくすると浮島がみえてきた!
P9092081.jpg

到着!
P9092085.jpg

そして上陸!浮島って感じはしない。
P9092087.jpg

ガイドさんが英語とスぺ語で説明を始める。主に歴史のお話。

P9092095.jpg

途中から説明をしてくれたウロス島の住民。この棒で浮いてるんだよっていうことを見せてくれる。

P9092098.jpg

説明ではこいつをメルセデス・ベンツと呼んでいた。2階建てで意外とすごいかもしれない。
P9092099.jpg

家の中も見ておk。
P9092100.jpg

なんて書いてあるかわからない。
P9092104.jpg

島にはちょっとした木製の展望台があって見下ろせる。斜めっていた。同時に二人しか乗れない。
P9092106.jpg

島の様子。
P9092114.jpg

メルセデス・ベンツにのって移動。写真に載っている女の子と男の子がツアーにきている人の言語で歌を歌い出す。

日本語でもうたえていた。他にはポーランド語、英語、フランス語、ドイツ語などなど
P9092118.jpg

メルセデスからの風景。

P9092102.jpg

到着したのは別の島15分ぐらい時間が与えられそこはお土産を買える島みたいになっていた。

ここからはタキーレ島まで移動。船で1時間ぐらい。ツアーに来ている人たちと雑談を楽しむ時間。
P9092129.jpg

船の上でイギリス人・ブラジル人・ポーランド人、コロンビア人などと仲よくなった!旅の話し、その人たちの国の話いろいろ教えてもらった。

P9102133.jpg

雑談しているとあっというまにタキーレ島に到着。ここで昼飯を食べる。ここは浮島ではない。
P9102135.jpg

なんかの看板
P9102137.jpg

ところどころにこの門がある。
P9102138.jpg

みためより坂は急
P9102143.jpg

海にしかみえないよね。湖です。
P9102149.jpg

登っていくと広場がある。僕たちはのぼってくるのがわりとはやかったのでツアーの人たちがそろうのをまつ。
P9102153.jpg

休憩中
P9102154.jpg

そろったので昼飯へ移動!

P9102155.jpg

レストランSAMARYというところでいただく。食べながらガイドさんが島の歴史や人々について教えてくれる。
P9102157.jpg

スープに

P9102158.jpg

魚!

P9102159.jpg

船へもどる!

P9102162.jpg

船へ帰還

P9102164.jpg

タキーレ島へさよなら。

P9102163.jpg

うみ!みずうみ!

P9102170.jpg

帰りは1時間半位。再び雑談。のっぽは船の中でたぶん爆睡。

P9102172.jpg

ブラジルのGilbertoさんと記念撮影。ポルトガル語とスペイン語の違いなどを教えてもらってた。ブラジルの図書館勤務らしい。

P9102176.jpg

もうすぐ日が暮れる。夕方にツアーは終了。

P9102177.jpg

コロンビア人のJuanくんと記念撮影。

P9102178.jpg

仲よくなったイギリスに住んでるポーランド人カップルMichalさんMarlenaさんとも記念撮影。

この後クスコにてサンルイスというバス会社で予約していたプーノからラパスまでのチケットを引き取りに行く。

が、、、確認できないといわれてチケットはもらえなかった。

交渉したものの確認できないとの一点張りだったので別のバス会社でしかたなく予約。

P9102179.jpg

プーノのアルマス広場。

P9102182.jpg

飯を探す旅へ。
P9102188.jpg

客引きが15ソルでどうだ。と3人同時に話しかけてきたので、14ソルでいいのはどいつだ!と値切って入店。
P9102189.jpg

トマトベースのガーリックのスープ。

P9102191.jpg

アルパカ肉

P9102193.jpg

デザート付

明日朝のバスにてボリビアへ向かう。楽しみだ。

広告

2件の返信 »

  1. こんにちは。初めまして。AIKOです。
    11月にペルー入りするのですが、プーノにはアレキパから夜22時のバスで移動を考えています。
    早朝、プーノのバスターミナルはもう空いていますか?恐らく、時間通りに着けば、3時か4時になると思います。
    一人旅なので、もし、危険なようなら、夜行バスは辞めようかと思ってます。
    アドバイスお願いいたします。

    いいね

    • こんにちは。AIKOさん。
      私がPUNOへ到着した時は早朝6時ぐらいだったと思います。
      バスターミナル自体の営業時間は8:00AM-9:00PMのようですが、建物は空いていました。
      お店もちょいちょい営業していました。朝4時に空いているかどうかはわかりません。
      建物が空いていなくても、だいたいタクシーはいつでもいます。特にバスの到着にあわせて
      待機しています。
      バスターミナルは街の中心ではないので、そこからタクシーをつかんで直接宿へ向かえば
      問題ないと個人的には思います。
      南米楽しんできてください!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。