西洋放浪記 30日目 ジュネーヴ-ローザンヌ

おはようございます。

スイスは寒いだろうと覚悟してきたのですが、気温は13度。結構暖かいです。

P2291006.jpg

Gare Cornavin駅を経由し、

P2291008.jpg

湖の方へ。CERNの見学会に時間があれば行きたかったのですが、予約がちょっと間に合わなかった。

P2291011.jpg

スイス最大の湖。反対側はフランス。国境が湖上にあるため、スイス軍は防衛のため内陸国ながら海軍ももっている。

P2291015.jpg

湖沿いの公園はとても綺麗。

P2291019.jpg

物価は高いけれども、市内の設備は日本と同等ながらそのすばらしい景色を維持している。夢の国だ。

P2291020.jpg

日本以外にすみたい国は?といわれれば間違いなく1位の国だ。

P2291024.jpg

とても静かだ。

P2291027.jpg

人が生る木。そんなに同時にのって大丈夫か!?w

P2291032.jpg

何か建物がある。

P2291044.jpg

中は撮影できないが、科学館であった。基礎的な事がおおいが、昔から使われていた顕微鏡、望遠鏡、時計などなどが展示されていて非常におもしろい。大昔の義眼をつくっている映像もあった。

P2291045.jpg

その後は町散策。お散歩。

P2291049.jpg

お昼はちょっとメールを確認したかったのでマクドナルドへ。

P2291054.jpg

なんか非常口のサインがかっこいい。

P2291053.jpg

ローザンヌまでのチケットを購入。犬とかは2分の1を買うみたい。

P2291055.jpg

乗車。

P2291059.jpg

30分ぐらいでローザンヌ到着。

P2291061.jpg

駅のカフェにてカプリー丿をのみながら、急にあることについて記事を書きたくなったので、どう図解にすればいいのかとノートにがりがり2時間ぐらい書き込んでいた。そのうちまとまったらアップすると思う。

P2291062.jpg

駅前。ここでローザンヌに住むセドウさんと待ち合わせしている。一泊泊めてくださるとても優しい方だ。

P3011066.jpg

車で迎えに来てくれた。セドウさんはローザンヌの病院で医師助手として働いている。出身はスリランカだが、15年以上前戦争のときに難民としてこちらへきたそうだ。それ以来はスイスに住んでいて国籍もスイスである。

P3011068.jpg

湖まで連れてきてくれた。

P3011070.jpg

オリンピックミュージアムがローザンヌにはあるが、現在は改装中。

P3011074.jpg

しかし、ミュージアムの外にも関連する石像や銅像が多く飾られている。

P3011076.jpg

ホッキーの組織が寄付したもの。

P3011077.jpg

夕日が綺麗。

P3011078.jpg

湖沿いには人が集っている。

P3011085.jpg

湖に反射する色がなんともいえない美しさ。

P3011090.jpg

正面に見えるのがカテドラル。

P3011097.jpg

もう1つのカテドラル。

P3011099.jpg

セドウさん宅で記念撮影!夜遅くまで旅行について熱くはなしていました。

セドウさんも旅行が大好きで時間を見つけてはいろんなところへ行っている。近々はマレーシアに行くらしい。

P3011100.jpg

明日はベルンへ移動します。そろそろ旅もカウントダウンへ・・。

それではまた明日!

おやすみなさい!

西洋放浪記 29日目 ヴァチカン市民と雑談

おはようございます。

P2280858.jpg

今日は人と待ち合わせとしているのでヴァチカンの方へ向かいます。

P2280868.jpg

今日ももちろん徒歩

P2280873.jpg

San Pietro広場到着。

P2280884.jpg

広場中央のオベリスクで待ち合わせしています。なんかおしゃれ?

P2280898.jpg

無事合流。今日待ち合わせしていたのはヴァチカンの護衛隊のキリアン君。同い年である。

今日の午前時間があるということでヴァチカンを案内してもらうことにした。

※注意:個人的にお願いしただけで、そういうツアーがあるわけではありません。

日本人でヴァチカン市民にヴァチカンを案内してもらった人も少ないのではないだろうか。

細かい情報が満載で非常に面白い。

P2280934.jpg

まず、この画像の中央少し右にうつっている建物の最上階が教皇の住宅らしい。教皇含め7人で生活している。

教皇に世話役のシスターが4人護衛隊が2人の計7人。

P2280935.jpg

ちょっと見えづらいが扉の所に兵士がたっている。2時間静止した状態でその後交代するらしい。

P2280900.jpg

以前も来たが今度は超ローカルなガイド付き。天井までは40mで天井に見える大きな文字は2mもあるらしい。

P2280901.jpg

普通は入れない教会の前の方にもいれてもらえた。ヴァチカンパワー。

P2280907.jpg

以前の教皇のお墓らしい。彼によるとこのお墓は教皇本人の最強の動物と一緒にしてほしいという要望を答え作られたものだという。最初は最強の動物として象があげられたが、それは却下されライオンとなった。この話が本当かどうかはわからないが、そういう言い伝えがあるという。

P2280904.jpg

ライオンのお尻をみると像に見えるのも作者の遊び心とか。

P2280903.jpg

本当に真ん前から激写。きっと教会にいる観光客にはあいつは何してるんだと思われているに違いない。

P2280906.jpg

以前はミサ中でこれなかったが、教会の上へやってきた。入り口が混雑していたので、出口のエレベーターであがるという特権を使う。

P2280910.jpg

広場からも見えるが教会の上の石像はかなり大きい。

P2280912.jpg

教会の上からみえるドーム。これからあの上まで登る。

P2280916.jpg

ドームのちょっと上。さきほどいっていた2mの文字が見える。

P2280918.jpg

この教会は全ての絵がモザイクで作られていることがポイントらしい。全部がモザイクとはどれだけの歳月がかけられて全てが作られたのだろうか。

P2280917.jpg

天井。つまりあの絵も全てモザイク。

P2280919.jpg

さらに登る。たしか340段ある。

P2280920.jpg

頂上からの眺め。ちょっとガスっているが、かなり綺麗である。

広場からの直線の通りがある場所には昔建物があったらしい。

イタリアのかの有名なムッソリーニにより排除されてこの道が作られ、以前は広場までも車が来れたらしいが観光客がかなり増えたため入れなくなった。

P2280921.jpg

先日回ったヴァチカンの庭もよく見える。彼によるとヴァチカンの市民も庭には午前中しかいけないらしい。午後は教皇のためにある。

P2280923.jpg

降りてきました。

P2280928.jpg

教会のすぐ横にある入り口から観光地ではない本当にヴァチカンに入ります。

P2280930.jpg

中は撮影NGらしいので、見たい方は是非ヴァチカンの人と仲よくなっていただきたい。

街と彼がお気に入りだというお庭がかなり綺麗に整えられているお墓のある場所へ連れて行ってくれた。

ヴァチカン市内からみた教会の側面と門。

P2280932.jpg

キリアン君の友人(職務中)は日本が大好きらしい。日本に行った事はないらしいが、少し片言でしゃべれる。

写真とろうよ!って言ったら、他の護衛の人に良い?うーん、まぁいっか!っというような感じで記念撮影。

10分ぐらいヴァチカンの門で雑談していた。なかなかフレンドリーである。

P2280943.jpg

この後はキリアン君と近くのBarでコーヒーを飲みながら雑談していました。Barに行くまでの100m位の間にキリアン君がヴァチカンの案内いりますか!?とヴァチカンガイドのイタリア人達に話しかけられる姿はとてもシュールだった。市民をガイドしてどうする!

まず、ここまできて今更ですが、キリアン君にいろいろ教えてもらったのでヴァチカンや護衛兵について軽く説明を。

ヴァチカン本体にはもともと護衛兵はいません。ヴァチカンにいる護衛兵は全て中立国であるスイスからきている兵士達です。彼らはヴァチカンに配属されると2年間の任期があり、本人からの希望があれば1年単位で伸ばすことが可能である。キリアン君は今月から2年目、日本大好きな友人は希望で1年増やし3年目だという。来年一緒に卒業らしい。

教皇同様護衛兵の宿舎にも世話役のシスター達がいるのでご飯は無料でたべられるらしい。とても料理は上手なのだが、ピザやパスタばかりで飽きてきているとキリアン君はいっていた。かなりの種類のパスタがあるけど、やはり外に出るときはイタリア料理以外がいいという。

仕事の日程は教皇に左右されることが多いので決まった日程はなく、毎日の門限(ヴァチカン内に戻ること)は12時で休日の前日は深夜3時までだという。

ヴァチカン内に売っているものはイタリアと値段はかわらない。税がないのでワインやガソリンなどが安いことはメリット。携帯電話もヴァチカンナンバーがあるらしい。キャリアはVodafoneでイタリアより割高なのでキリアン君はイタリアの携帯をつかっている。電話もインターネットの固定回線も独自にもっているが、Facebookなどさまざまなサイトで位置情報取得するとイタリアとでるあたりからインターネットはイタリアからたぶん買ってるだけだと語っていた。

最後にキリアン君とヴァチカンの前で記念撮影。ありがとう!またどこかで会おう!ちょうどかばんに日本のお菓子が入っていたので、日本大好きな彼と食べてと渡した。

P2280946.jpg

帰りももちろん徒歩。ローマの景色を楽しみながら再び45分かけ駅まで。

P2280956.jpg

駅到着。ローマから空港までの切符購入。14ユーロ。

P2280961.jpg

以前カレーをたべたケバブ屋さんがわりとリーズナブルでおいしいので牛肉とお米の料理をたのんだ。5.5ユーロ。

P2280959.jpg

宿で荷物をピックアップ。

P2280962.jpg

まぁ想定の範囲内。空港行きの電車がこなくて荒れている。人がカウンターのまえに押し寄せている。きっと時間がやばいのだろう。

P2280965.jpg

隣にいたスイス人に理由をきいたけど、次の電車はこない、もう30分待てと言われるだけで理由は教えてくれなかったらしい。空港行きの電車は30分おきに出ている。

P2280967.jpg

30分ほどで空港駅に到着。途中停車駅がなく直通なのではやい。

P2280968.jpg

ここから十字に各種ターミナルや駐車場へ分岐しています。

P2280973.jpg

進む。

P2280975.jpg

徒歩5分ぐらいでターミナル2へ到着。

P2280980.jpg

チェックイン中。昨晩チケットをとったので荷物込みで割高の1万円程度だった。早めに予約してオフシーズンであれば最安値は3000円ぐらいっぽい。ヨーロッパの格安航空の値段には本当に驚かされる。日本が高いだけか?

P2280982.jpg

みたとおりこのターミナルはほぼeasyjetが占拠している。

P2280984.jpg

荷物検査がかなり並んでいる。

P2280986.jpg

飛行機搭乗待ち。ヨーロッパの格安航空はだいたい自由席なので席取り合戦になる。

P2290989.jpg

搭乗。飛行時間は1時間位。隣にいたイタリア人のプロバイオリニストとイタリアの大学教授と雑談していたらすぐだった。

P2290992.jpg

ジュネーヴ到着。相当年ぶりのスイス。荷物待ち。

P2290995.jpg

空港には無料発券機があって、の交通機関初回80分は無料だった。

P2290996.jpg

無料乗車。

P2290998.jpg

ホステルがあるというGare Cornavin駅へ到着。

P2290999.jpg

看板にいろいろ書いてある。

P2291002.jpg

ホステルに到着して荷物を置きケバブ屋へ。スイスについて5時間早くも物価の高さに泣きそう。

ホステルがローマが11ユーロだったのに対し、ジュネーヴは28ユーロ換算(現地通貨はスイスフラン)。ケバブプレートはローマで7ユーロだったのに大使ジュネーヴは19ユーロ換算。

P2291004.jpg

スイスへの滞在は3日間の予定だが、はたして生きていけるのだろうか!

それではまた明日!おやすみなさい!

西洋放浪記 28日目 カプリ島

おはようございます!

今日は無謀にもオフシーズンな青の洞窟に挑むためカプリ島へ向かいます。

P2270284.jpg

曇っていますが、経験上たぶんこの薄い雲は昼前には晴れる!(予定

P2270290.jpg

先日来た港まで歩いてきました。

P2270294.jpg

カプリ行きの船待ち。片道17ユーロ。

P2270296.jpg

来た。

P2270298.jpg

港ではポケモンカードや遊戯王カードが売っていた。

P2270301.jpg

予想通り天気は良くなってきています。

P2270304.jpg

乗船。ここで、メキシコ人のキナさん、ミロさん、リロ君と遭遇。彼らも青の洞窟にいくらしいので一緒に動くことに。

ひさしぶりにスペイン語使った。英語もわかるようなので混じり混じりで会話。

P2270306.jpg

ナポリからカプリ島までは高速線で45分です。

P2270315.jpg

山が見える。

P2270327.jpg

船には日本人ツアーの方もたくさんいた。一生懸命自分たちで写真を撮ろうとしていたので、撮りましょうか?と撮ってあげて話していたら、おそらくメキシコ人達と話していたからかガイドさんですか?ときかれた。

いいえ違います。ただの旅人です。

カプリ島が見えてきた。

P2270336.jpg

カプリ島到着。

P2270343.jpg

到着。しかし、予想通り高潮で青の洞窟へは入場不可。まぁカプリでも観光していきましょう。

P2270347.jpg

オフシーズンでケーブルカーも動いていないらしいのでバスにて山を登ります。

P2270348.jpg

車窓から。

P2270353.jpg

山の上にある街へ到着。

P2270356.jpg

綺麗な島だなー。

P2270359.jpg

少し街をさまよいます。

P2270367.jpg

本当にヨーロッパはどこへ行っても街は綺麗だなー。

P2270371.jpg

特に目的もなく散歩をする。

P2270374.jpg

景色。

P2270376.jpg

街を観光後港へ戻ってきました。ここで、メキシコ人3人と4人で漁師と交渉。青の洞窟が最も綺麗に見られる場所ではあるけれども同じように青く見える場所は島に複数あります。

P2270379.jpg

交渉して案内してもらうことに。

P2270380.jpg

ミロさんがイタリアンジェラートをおごってくれた。ごちそうさまです!

P2270381.jpg

案内してもらうのに使うボート。

P2270384.jpg

しゅぱーつ!

P2270393.jpg

崖はかなり高い。

P2270408.jpg

ここが青の洞窟です。階段のすぐ横が洞窟の入り口なんですけど、高潮のためほぼ見えません。

P2270417.jpg

漁師さんとキナさんとミロさんと写真。

P2270433.jpg

島の周りを一周中です。

P2270442.jpg

ここらへんから青く見える箇所へ何個か行きます。

P2270524.jpg

少し青い。

P2270548.jpg

結構青い。

P2270562.jpg

島にあるもう一つの港。こちらは小さいため大型船はとまりません。

P2270616.jpg

青の洞窟みたいに完全に中に入れるところはないため、このようなくぼみに入ります。

P2270643.jpg

入る。

P2270647.jpg

結構光が入ってくるためカメラだと青さが伝わりづらい。

P2270652.jpg

透明度が非常に高い。

P2270660.jpg

穴を通ってく。

P2270705.jpg

P2270712.jpg

穴再び。

P2270725.jpg

中から外を見る。

P2270735.jpg

水中。

P2270738.jpg

ここはおそらくコケ?かなにかのせいで赤く見えるのも特徴らしい。

P2270739.jpg

もう1枚。

P2270742.jpg

いままでで一番青くとれてる?光の加減がなかなかむずかしい。

P2270780.jpg

船の前に座ってみる。結構揺れるから下手したら落ちる。

P2270797.jpg

漁師さんにとってもらい4人で記念撮影。

P2270799.jpg

もどってきた港。

P2270805.jpg

ナポリ行きの船まで1時間以上あるので4人でお昼ご飯。すでに3時ですが。久々にピザ脱出。

P2270828.jpg

帰りの船。行きより大きい。

P2270836.jpg

船内。

P2270840.jpg

高速船ではないので1時間ぐらい。爆睡しました。

P2270842.jpg

4人はローマからレンタカーで来ているらしい。ローマまで乗せてもらうことになった。非常にありがたい!

P2280844.jpg

高速でローマへ向かいます。

P2280849.jpg

5時ぐらいにナポリを出発。

P2280850.jpg

夜。

P2280852.jpg

もうすぐローマ。いろいろ雑談してたらあっという間だった。

P2280853.jpg

宿はトレビの泉付近らしいのでそこら辺で落としてくれれば良いと行ったのにわざわざローマ駅でおろしてくれました。

P2280854.jpg

本当にありがとうございました!

P2280855.jpg

先日泊まっていたローマのDowntownというホステルへ。8人ドミトリーで11ユーロ。3人しかいないのでわりと快適。

さて、明日は早いので今日はさっさと寝ようと思います!

それではまた明日。おやすみなさい!

西洋放浪記 27日目 アマルフィ

おはようございます!

アマルフィは晴天です。

P2260077.jpg

教会はやはり立派

P2260083.jpg

もう少し寄ってみる

P2260084.jpg

アマルフィの山

P2260085.jpg

坂をのぼり上から景色を見ようという作戦

P2260086.jpg

坂は意外と急。

P2260091.jpg

登ってきた!すばらしい景色!

P2260095.jpg

教会も見える。

P2260106.jpg

すぐ下はみかん畑

P2260113.jpg

山の上にあった建物はお墓だった。

P2260122.jpg

立派な建物。

P2260123.jpg

アマルフィの港が綺麗に見える。

P2260127.jpg

下る。

P2260130.jpg

別方向の景色。

P2260133.jpg

歩道はこんなかんじ。

P2260137.jpg

町へ戻ります。

P2260142.jpg

今降りてきた坂。

P2260148.jpg

今度は街の奥の方へ進んでいってみます。

P2260162.jpg

奥に行くにつれ観光客が減っていきます。

P2260164.jpg

綺麗な小さな建物の模型がある。

P2260179.jpg

まあにアマルフィそっくりである。

P2260173.jpg

さらに先へ進む。

P2260182.jpg

紙の博物館があった。4ユーロ学割2.5ユーロ。入ってみようと思う。

P2260204.jpg

どうやらここアマルフィでは大昔から紙の製造が行われているらしい。ヴァチカンで利用する重要な書物などにも用いられたのだとか。今写ってるのが約500年以上前の機械である。それぞれの気には刃がついていて材料となる木を砕く機械らしい。

P2260184.jpg

アマルフィに川はなくみえるが、地下に流れている。その川を利用して水車で駆動させる。

P2260187.jpg

奥に見えるのはオランダ製の水車と機械で200年ぐらい前のものらしい。

P2260189.jpg

こちらのほうが小型である。

P2260191.jpg

砕かれた木はこの水槽の中に入りそれをこのまな板のようなものにすくい上げて紙を作る。マークがみえるのがウォーターマークになる。

P2260192.jpg

こんなかんじ。

P2260193.jpg

すくった紙はフェルト材にのっける。

P2260194.jpg

フェルト紙フェルト紙と交互に30組ぐらいを重ねこの機械で約80パーセントの水分を抜くらしい。

P2260195.jpg

ここでは長い紙を調えて裁断していく。

P2260199.jpg

最終的には乾燥室にもっていって残りの水分が抜けるのをまつらしい。壁に水位があがって向上がだめになってしまったときの高さが刻まれている。1949年に水没してしまったらしい。

P2260203.jpg

お昼はまたもやピザ!8ユーロ。5ユーロのところもあったけどメールのやり取りをしていてネットワークが必要なため、Wifiのあるお店に入った。

P2260211.jpg

お店からは教会が見える。

P2260214.jpg

さて今日は再びナポリへもどります。

P2260218.jpg

バスにのった。

P2260253.jpg

バスからはずっと綺麗な景色がみえる。

P2260257.jpg

アマルフィにおさらば。

P2260258.jpg

1時間半ぐらいでサレルノという街へ到着。ここから電車でナポリへもどります。

P2260260.jpg

サレルノ駅。

P2260266.jpg

ちょうど電車が来ていてスムーズにのれた。ナポリまでは50分ぐらい。

P2260268.jpg

車窓からの景色もいい

P2260270.jpg

ナポリが見えてきた。

P2270278.jpg

ただいまナポリ駅。

P2270279.jpg

宿まで行き晩飯調達。

P2270281.jpg

先日ナポリにいた際にお世話になったパン屋さんに行ったらピザを2.5ユーロで売ってくれた。ありがたい。

僕の中でピザ価格基準が崩壊しつつあるので、日本へかえってもしばらくピザはたのめないとおもいます。

P2270282.jpg

明日はオフシーズンではありますが、カプリ島までいって無謀にも青の洞窟へ入れるか突撃してきたいと思います。

たぶんだめだとはおもいますが、行ってみる価値はあり!

それではまた明日。おやすみなさい!

西洋放浪記 26日目 ポンペイ-アマルフィ

おはようございます。

今日はアマルフィへ向かいます。

朝ご飯はいつも通りパンとチーズ。ヨーグルトも買ってあったので食べました。

P2259814.jpg

駅へ向かいます。

P2259816.jpg

メインの駅とは別の駅です。同じ建物内にありますが。

P2259817.jpg

電車の時刻に近づくとかなりホームが混んできました。

P2259820.jpg

電車もこの混雑っぷり

P2259821.jpg

アマルフィへの経由駅になるソレントまで行こうと思いましたが、気が変わってポンペイで降りました。

P2259825.jpg

ポンペイ駅は何もない。

P2259826.jpg

ポンペイにあるのは遺跡!遺跡に行きます。ここは2000年前に死の灰に覆われ使えない街となったらしいです。

P2259829.jpg

出発。

P2259830.jpg

さっそくだが、広い。

P2259832.jpg

柱が同じ高さで無くなっているのがすごく気になる。

P2259839.jpg

広いとは聞いていたが・・・・奥まで全部遺跡。

P2259841.jpg

水道水でる。

P2259845.jpg

わんこ寝ている。起きない。

P2259850.jpg

劇場。

P2259853.jpg

またワンコねている。起きない。

P2259860.jpg

遺跡。遺跡。遺跡。

P2259863.jpg

釜戸?貯蔵庫?

P2259868.jpg

壁画も残っていたりする。

P2259873.jpg

ここは運動場らしい。

P2259877.jpg

闘技場。

P2259885.jpg

闘技場の外から

P2259890.jpg

2000年前の壁画と考えるとすごいものである。

P2259893.jpg

飲み屋らしい。

P2259904.jpg

この穴が小銭をいれておく穴だったんだとか。

P2259905.jpg

洗濯屋。

P2259907.jpg

壁に書いてあったが引っ張っているのはなんの動物だろう。

P2259910.jpg

このポンペイ遺跡は生活感がのこっていることで有名でもある。このわだちもなかなかすごい。

P2259916.jpg

パン屋の釜戸

P2259919.jpg

また犬が寝ている・・・!

P2259925.jpg

ここはこのポンペイで一番大きな家らしい。

P2259930.jpg

鎖に繋がれている犬のモザイク。

P2259933.jpg

この建物にポンペイの赤ともいれる壁画がある。

P2259946.jpg

それ以外にもかなり多くの壁画が残っている。

P2259955.jpg

これがポンペイの赤とも呼ばれる有名な壁画。現代技術をもっても自然な塗料でこの色を再現することはできないらしい。

P2259959.jpg

入り口へ戻ります。

P2259968.jpg

あまりにひろくて一周するのに3時間かかった。

P2259974.jpg

お昼は8.5ユーロのピザを少し値切って6ユーロで食べた。ちょっと高いけど観光地プライス。

バッファローチーズを使っている。とてもおいしい。

P2259978.jpg

駅にいたワンコ。

P2259982.jpg

3月1日にストライキの予告がはってある。

P2259984.jpg

ソレント駅に到着。

P2269986.jpg

駅舎。

P2269987.jpg

5時のバスをのがしたのでカフェで7時まで時間を潰し乗車。

P2269989.jpg

アマルフィ行き。

P2269991.jpg

バスでアマルフィまでは1時間40分。

P2269992.jpg

みえてきた。

P2269996.jpg

到着綺麗な街だ。

P2269998.jpg

今日お世話になる、Holidays Baia D’amalfi。朝飯付きで30ユーロ。アマルフィにしては安いほう。

P2260005.jpg

ちょっとアマルフィをお散歩。

P2260007.jpg

静かな街である。

P2260010.jpg

アマルフィの海岸。

P2260026.jpg

街灯。

P2260029.jpg

町が見えるほうまで向かう。

P2260041.jpg

堤防を歩く。ものすごい風だ。

P2260053.jpg

アマルフィの夜景。

P2260056.jpg

夜景続。

P2260062.jpg

夜景続。

P2260066.jpg

またシングルがあいていないのでダブルになった。この旅何回目だろう?w

P2260076.jpg

明日はアマルフィを見た後にどこかへ移動します!予定は未定!

それではまた明日!おやすみなさい!

西洋放浪記 25日目 ナポリ

おはようございます。

朝ご飯は宿で購入しておいた、果物、パン、チーズ。

今日はナポリ観光します。

P2249491.jpg

ナポリは普通に歩いててもヴェネチアやローマなどより少し治安が悪いような気がします。

P2249496.jpg

こういう細い路地が多いからそう感じるのでしょうか?

P2249500.jpg

街を歩いてるとカメラ気をつけてねとよく言われます。しかしカメラしまったら写真とれない!

P2249505.jpg

朝ご飯足りなかったので、道端でかいました。チーズ、ハム、卵が入ってて味はゆで卵とチーズとそのまんま。

P2249507.jpg

duomoへ向かいます。

P2249508.jpg

Duomo到着。中は撮影禁止なので、是非現地へ。

P2249515.jpg

Via Del Tribunaliという通りを通っていきます。

P2249517.jpg

この通りには多くの歴史的建物があります。

P2249519.jpg

どれも立派。

P2249520.jpg

ナポリはやはり道が狭い。

P2249522.jpg

路上をしているおじさんもいます。

P2249530.jpg

ここらへんは本屋街。古書がたくさんおいてあります。

P2249531.jpg

大きな広場を経て、海の方へ向かいます。

P2249533.jpg

ところどころあるこういう石像も綺麗。たぶん噴水だけど水が出ている気配はない。

P2249542.jpg

お城がみえました。

P2249544.jpg

せっかくなので入ります。

P2249551.jpg

入場料は6ユーロでした。学割なし。

P2249558.jpg

しばらくお城の中をお楽しみください。

P2249561.jpg

天井。

P2249562.jpg

会議室らしきところ。

P2249567.jpg

城の窓から。周りは何かのの発掘作業中。

P2249571.jpg

博物館やアート展もある。

P2249574.jpg

ものすごいポーズをしている。

P2249578.jpg

ガラス張りになっていて下は遺跡が見える。

P2249584.jpg

城の上に上がれるようなので行ってみようと思う。

P2249592.jpg

港が見える。

P2249594.jpg

お城の塔。

P2249607.jpg

さてと港の方へ向かいます。

P2249616.jpg

小型船も止まっている。

P2249618.jpg

港側からみたお城。

P2249620.jpg

ナポリ港

P2249623.jpg

青の洞窟をみにいこうかと時間をみにきたのだが、明日はどうやら雨だそうだ。やめておこう。

P2249625.jpg

正面の建物が大型船への乗車口とともにショッピングセンターになっているらしい。いってみよう。

P2249629.jpg

後ろを見るとお城と丘がみえる。丘の上は後ほど行く。

P2249632.jpg

ショッピングセンター。綺麗な階段。

P2249633.jpg

しっかし店員以外だーーーーーれもいない大丈夫かここ・・・・

P2249635.jpg

がらっがら・・・

P2249636.jpg

とくに気になるお店もなかったのでお昼食べに行きます。

P2249637.jpg

お昼は先日ヴェネチアでお会いしたけいさんがお勧めのお店を教えてくださったので行きたいと思います。

P2249641.jpg

小さい路地大好きなのでわざととおります。

P2249642.jpg

Duomoのすぐ近くにある Pizzeria Di Matteoへきました。

P2249656.jpg

店内は大混雑。ハイシーズンはもっと混むのだろうか?

P2249657.jpg

頼んだのはきのこのマルゲリータピザ。これで4ユーロだぜ!ピザハットなんかもうたのめないぜ!iPhoneと比較して大きさを感じてください。

P2249662.jpg

いただきます!

P2249663.jpg

うますぎた・・・・!是非ナポリへお越しの方はきてみてください。生地練っている。

P2249665.jpg

焼いている。

P2249664.jpg

外の混雑っぷり。これは持ち帰りの人の列です。

P2249666.jpg

さて付近のケーブルカーの駅から上へと登ります。

P2249679.jpg

1.2ユーロ。

P2249680.jpg

向かいます。

P2249681.jpg

ケーブルカー待ち。

P2249683.jpg

乗車。

P2249684.jpg

10分もかからず到着。

P2249686.jpg

良い景色みれるかな?

P2249687.jpg

丘の上の城までは徒歩3分ぐらい。

P2249691.jpg

レストランのベランダをお借りして。すでに綺麗。

P2249693.jpg

意外と丘低そうに見えてたからなめてたけど、わりと高さあるのね。

P2249696.jpg

さてもう少し高いところへ行きます。入場料5ユーロ。学割なし。

P2249706.jpg

エレベーターでのぼるようです。

P2249709.jpg

ナポリが一望できる。

P2249718.jpg

少し曇っているのが残念だが、それでも綺麗。

P2249726.jpg

なんか意味があるのだろうけど、ハム太郎のかぶるくんにしかみえない。

P2249732.jpg

ナポリ市内とは反対方向の景色。

P2249742.jpg

カモメがたくさん飛んでいます。

P2259765.jpg

美術館も上にあります。わりと新しいものが展示されている。

P2259767.jpg

エレベーターに乗り再び下へ。

P2259769.jpg

にゃんこににらまれた。

P2259772.jpg

にゃんこににらまれた。

P2259773.jpg

帰りは徒歩で下ります。

P2259774.jpg

みためより急です。

P2259776.jpg

にゃんこ発見。

P2259777.jpg

かわいいね。

P2259780.jpg

道路にでましたが、まだ下ります。

P2259782.jpg

歩道狭し。

P2259789.jpg

ちょっとライトアップが綺麗な路地売り。

P2259795.jpg

斬新な足場の組み方。

P2259802.jpg

スーパへ向かってから宿に戻ります。

P2259803.jpg

宿から15分ぐらいのところにあるCoop

P2259807.jpg

結構広い。

P2259808.jpg

クロワッサン、みかん大袋1、リンゴ4つ、ヨーグルト、水1.5リットル、紅茶2本、生ハム1パック購入。

今日の夕飯と明日の朝飯はこれで済ませる。

P2259809.jpg

宿へ帰還。途中に便利そうなものがうっていたので購入。9ユーロ。

P2259810.jpg

スプーンとフォークになります。

P2259811.jpg

ナイフと缶切り、栓抜きもついてます。

P2259812.jpg

さて、明日はどこいこうかまだなやんでいますが、おそらくアマルフィへ移動したいと思います。

それではまた明日!

おやすみなさい!

西洋放浪記 24日目 ローマ-ナポリ

おはようございます!

今日はコロッセオをみてナポリへ移動します。

P2239300.jpg

もちろん今日も徒歩

P2239301.jpg

歩いて20分ぐらい。

P2239302.jpg

入り口へ行きます。

P2239303.jpg

割と並んでるけど進みは早い。

P2239312.jpg

警官が荷物チェックをおこなってる。俺はなぜか確認されなかった。

P2239313.jpg

かばんなどの持ち込み禁止とは書いてあるけどみんな持って入っている。警備員もとめる気配はない。だからチェックおこなっているのかな?

P2239314.jpg

なかもちょっと並ぶ。

P2239315.jpg

チケット12ユーロ。意外と高いのね。20分ぐらいで入れた。ハイシーズンは2時間以上待つらしい。

P2239316.jpg

チケット

P2239317.jpg

さてまわってみましょう。

P2239319.jpg

階段は結構急

P2239321.jpg

中は混みすぎず。良い感じに入場を制限している。

P2239322.jpg

やはり今まで見た中で一番大きいコロッセオ。レンズかえないととれないね。

P2239325.jpg

レンズ交換完了。魚眼でも足りないぐらいな大きさ。

P2239328.jpg

コロッセオからみた周辺。

P2239334.jpg

凱旋門に遺跡。

P2239338.jpg

もう1段上行きたいけどいけない。

P2239346.jpg

一階へ降りる。

P2239355.jpg

ものすごい迫力。

P2239365.jpg

今日も天気は良し。

P2239385.jpg

コロッセオと十字架。

P2239394.jpg

たくさんの人が写真をとっている。

P2239404.jpg

外からコロッセオ。

P2239417.jpg

凱旋門とコロッセオ。

P2239425.jpg

帰ろうとしたけど、列が僕が入ったときより3倍ぐらい伸びている。

P2239432.jpg

別アングルからコロッセオ。

P2239436.jpg

駅へ切符買いに行きます。

P2239440.jpg

牛乳買った。

P2239446.jpg

駅頭着。ナポリ行き購入20ユーロ。2時間出着く。一番早い便だと25ユーロで1時間で着くみたい。

P2239452.jpg

ケバブやにはいったら子羊のカレーがあった!うれしい!7ユーロ。

P2239455.jpg

宿で荷物をピックアップし、いざナポリへ。

P2239456.jpg

終点ナポリ。寝ても大丈夫そうね。

P2239460.jpg

乗る電車

P2239461.jpg

電車は2時間まるまる爆睡していた。

P2239462.jpg

ナポリ到着。

P2239466.jpg

ナポリも綺麗な駅。

P2239469.jpg

宿探し開始。

P2249471.jpg

あまり宿がい当たらない。

P2249475.jpg

安宿はだいたい裏道とかにあることが多いので入ってみるもののない。

P2249477.jpg

あきらめて駅周りで探すことに。

P2249478.jpg

ドミトリー続きだったので、たまにはホテルでもということで2つ星ホテルにはいりました。一泊35ユーロ。wifiシャワー付き。

都会だからやっぱりちょっと高いね。

P2249480.jpg

夕飯を買いにちょっと街へ。

P2249482.jpg

ナポリ駅は1階建て。

P2249486.jpg

買ってきた夕飯。ピザ1枚1ユーロ。本日の夕飯2ユーロ。昼間かった牛乳と一緒に食べます。おいしかったです。

P2249487.jpg

明日はナポリを観光したいとおもいます。

それではまた明日。

おやすみなさい!

西洋放浪記 23日目 ヴァチカンの庭とローマ

おはようございます。朝ご飯はパンとみかん。

ヴァチカンの庭ツアーを予約しているので向かいます。

P2228879.jpg

移動手段は当然のごとく徒歩。9時30分集合なので8時30分に宿をでました。

P2228881.jpg

今日も天気がいい。

P2228886.jpg

ヴァチカンへまっすぐすすみます。

P2228891.jpg

まっすぐあるいても45分ぐらいはかかります。

P2228892.jpg

橋を渡る。

P2228897.jpg

San Pietro前の通りへ

P2228901.jpg

目の前までくるが右折。庭の入り口はちがうところにあります。

P2228902.jpg

ヴァチカンを右にまわっていくと博物館の入り口があります。

P2228907.jpg

すごい並んでますね。予約してるのでスルーしてきます。

P2228910.jpg

一応入国なので荷物検査があります。かなり緩いです。

P2228913.jpg

9時30分に到着。荷物検査の列がいがいと時間かかった。ちょうど出発。

P2228914.jpg

庭へ向かいます。まぁ予断ですが、ヴァチカンの庭のツアーは以外と知られてないようです。

行きたい方はSan Pietroの前にある郵便局のところにチケットオフィスがあります。

庭へはツアーでしか入ることしかできません。たしか32ユーロ、学生なら24ユーロです。

ちょっと高いですが、博物館の入場料も含まれています。

P2228915.jpg

立派な建物。

P2228919.jpg

ヴァチカン全体の模型。模型にできてしまうほど狭いのです。

P2228920.jpg

立ち入り禁止のドアを通りツアーが開始します。壁の向こうはイタリア。人名とか年号とか覚えるのはまったくもってできない人なので、それ以外で覚えていることは書いていきたいと思います。

P2228922.jpg

ガイドのお姉さんかなり陽気な方。まずは簡単なヴァチカンの説明をしています。人口は1000人程度しかいないのだとか。

博物館のなかの職員はイタリア人、教会のなかの職員はヴァチカン市民、警備員はスイス人だそうです。

P2228923.jpg

中央にみえる電波塔がヴァチカン唯一のラジオ局です。24時間37カ国語で放送しているそうですが、37ってそんなに必要なのかな・・・・。

P2228925.jpg

庭からは教会のドームも綺麗に見えます。

P2228927.jpg

左側と正面奥の建物は博物館。正面の建物は昔ローマ教皇の住居だったんだとか。現在は博物館。

P2228929.jpg

別の角度から。ダ・ヴィンチ、ミケランジェロなど有名なかたがたの作品がたくさんあるそうです。ちなみにどうでもいいですが、僕の誕生日はミケランジェロといっしょです。

P2228932.jpg

庭からの教会。

P2228935.jpg

白い建物が見えてきました。

P2228942.jpg

このちょうど上が大昔教皇などが集会につかう広場だったそうです。

P2228947.jpg

水は全部山からくる地下水だそう。

P2228948.jpg

階段をのぼり、

P2228950.jpg

集会を行っていた広場がみえる。

P2228951.jpg

ちなみにヴァチカンの50パーセント以上は庭です。昔はフィレンツェからナポリあたりまで全部ヴァチカンだったのですが、いつからかこの広さになったそう。ムッソリーニの時代にやっと独立したんだとか。1929年?っていっていたきがする。

P2228955.jpg

綺麗な噴水。ここの水はそのまま集会の場所の水につながるらしい。

P2228962.jpg

もうちょっとアップで。

P2228973.jpg

ヴァチカンは世界一小さな国に世界一大きな教会をもっている。なんか不思議。

P2228969.jpg

先日までは大雪でツアーもかなり混乱していたらしい。

たしかにヴェネチアであった日本人が雪がひどすぎて美術館がローマでは開いていなかったといっていた。

何十年ぶりかの大雪だったので対処ができなかったとガイドさんはいっていた。

P2228980.jpg

庭の中には旧城壁が残っています。

P2228984.jpg

お祈りできる場所。

P2228987.jpg

わりと最近アメリカ人から教皇へ贈られたもの。贈り物がたくさんあるそうで、すごいものだけはこの庭に来るらしい。

P2228992.jpg

基本的にツアーだけなのでかなり静か。ほとんど人はいないです。

ツアーをおこなっているのは午前中のみ、週五回ミサのある水曜日と日曜日はツアーはありません。

今日は14人でしたが、最大で45人になるそうです。45人になると動きづらいので全部はまわれないらしい。

P2228994.jpg

ヴァチカンにはヘリポートがあります。教皇がつかいます。

2代前?の教皇が作りあまりにヘリをよく使うのでFlying Pope( 飛ぶ教皇)とあだ名が付けられた教皇もいるらしい。

ヴァチカンのヘリはどこに保管してあるんだときいたら、ヴァチカンはヘリをもっていなくて教皇が使う時イタリアが貸し出すらしい。

P2228997.jpg

城壁のタワー。ここは以前の教皇によって中は住居に改造されているらしい。仕事から逃げたいとき2,3日こもっていたらしい。

城壁のタワーは3つありそのうち一つは先ほどのラジオ局の塔が立っている。

P2229002.jpg

鐘と教会。鐘は2000年の記念に贈られた物、MM (2000)とかいてある。

P2229003.jpg

庭からの景色。

P2229006.jpg

ガイドさんによると庭の中は閉まっていたり開いていたりといつも通れるルートが変わるらしい。

さっきのヘリポートも50パーセントぐらいの確率出しか見られない。警備の人に追い返される時があるという。

P2229014.jpg

下には駅が見える。あっちへ下る階段がいつもは開いていないのだが開いているので行こうとガイドのお姉さんがすごくうきうきしている。

P2229016.jpg

坂を下る。普段入らないところなのでかなりまとまって動いてくださいとの指示があった。

P2229020.jpg

どうやらここからは普通に市民もいるみたい。

P2229021.jpg

反対側に綺麗な噴水があるのだが、ガイド歴の長いお姉さんでも一度も水がでているのは見たことがないらしい。

P2229023.jpg

ヴァチカン唯一の駅。1日一回扉が開いて外へ出られるらしい。昔は教皇が使っていたらしいが今はおもに荷物運搬で人は運んでいない。

P2229025.jpg

駅前には駐車場がある。

P2229027.jpg

駅も立派。現在は中は市民用のお店になっている。

P2229032.jpg

遠目から駅。

P2229034.jpg

町中へ入っていく。こちらにも一応住居はあるようだが、立ち入り禁止ではないらしい。入れないことが多いが。

P2229035.jpg

広場からみて教会の左側がここです。右側は住民しか入ることができない。つまり1000人程度しか許されていないエリアがある。

P2229036.jpg

中央に見えるのがヴァチカンに3つあるうちの1つのガソリンスタンド。

P2229039.jpg

教会の真横にいる感じです。

P2229043.jpg

道沿いの壁にはさぼてんなどの植物が綺麗に並べられています。

P2229048.jpg

石像と教会。

P2229053.jpg

ここらへんで庭ツアーは終わりです。お勧めできる良いツアーです。

P2229057.jpg

最後に模型で言ってきた場所を説明して終わり。

P2229058.jpg

さきほどこの広場を反対側から見ましたが、この下には歴代の教皇が乗ってきた乗り物があるらしい。

P2229061.jpg

午前しかあいてないことがおおいらしいので来る方は注意。

P2229063.jpg

ベンツなどがある。

P2229066.jpg

トヨタもあるよ!

P2229068.jpg

ヴァチカンでお昼も悪くない。コーヒーとピーマンとチーズのサンドイッチ。

P2229070.jpg

博物館へ向かいます。

P2229072.jpg

ここからは何が良くて悪いのかよくわからないです。

僕の博物館での感想はだいたいどうやってつくったんだろう・・・・という技術的な方面にしか進まないので、

歴史的な要素で普段見ている方にはすいません。

P2229074.jpg

ガイドもなければガイドブックもないので、なぜエジプトナものがあるのかも疑問に思いながら見ていきます。

P2229076.jpg

動物はイケメン。

P2229077.jpg

入ってきてから展示物より博物館の建物その物をすごく見ている気がする。

P2229079.jpg

中庭も何個かあります。

P2229080.jpg

庭とは違いものすごい人です。

P2229081.jpg

建物そのものがアート。

P2229083.jpg

でけえ・・・・。

P2229085.jpg

すごすぎてちびりそうになった。奥まで天井が全部彫刻。何人の職人が何年かけてつくったのだろう?

P2229091.jpg

細かい・・・・・

P2229094.jpg

そろそろだめだ・・・・この国はどうなっているんだ・・・・・・

P2229096.jpg

一つ一つの絵も力作です。

P2229098.jpg

壁には地図が永遠と書かれています。

P2229100.jpg

一番置くにはイタリアの地図があった。

P2229107.jpg

これからシスティナ礼拝堂へ行く。

P2229112.jpg

人の入り具合からして一番の見どころ。

P2229113.jpg

システィナ礼拝堂から右の出口をぬけると教会へいけるのだが、荷物を入り口にあずけているので入り口へ戻る。

本物にしか見えないけど材質は不明だが、作り物。

P2229123.jpg

ステンドガラス。

P2229127.jpg

日本のかぶともあったよ!

P2229137.jpg

何かすごいものらしい。有名?

P2229139.jpg

出口は螺旋階段。階段ですら美しい。

P2229142.jpg

螺旋階段の下から。わりとお気に入り。

P2229157.jpg

さて、ローマを散策します。

P2229164.jpg

歩いていると気になるお店が、

P2229170.jpg

夢のようなお店。マスターに許可をもらい撮影。今回のブログのトップページを書いてくださった優葉さんへのお土産を購入。となりのお店で前回のトップページを書いてくださったありやさんへのお土産も購入。

P2229171.jpg

いいなーこんな雰囲気。

P2229174.jpg

さてと進みます。

P2229176.jpg

とおもったが、ワンコ発見。泊まってしまった。

P2229177.jpg

かわいい・・・・

P2229180.jpg

鼻をなめてる瞬間を激写。

P2229181.jpg

さまよいます。

P2229189.jpg

頭のところに顔写真がはってある。

P2229192.jpg

町中のなんかの遺跡。

P2229194.jpg

猫達のすみからしい。

P2229195.jpg

これは・・・・大きさからしてパンテオン!おれでもしってる!

P2229199.jpg

入場無料。

P2229207.jpg

これが・・・・!

P2229206.jpg

ほんとこっちの建物規模がでかいよな・・・・

P2229213.jpg

広場の大きさからして有名そうな何かを通過。

P2229217.jpg

この後ついにイタリアでも楽器を弾くときが来る。路上でギターを弾いてたおじちゃんにギターを貸してもらい2曲ぐらい演奏。

久しぶりに弾きがたったので楽しくで写真とるの忘れてた。

10分も弾いていなかったけど、人通りがおおいせいか10ユーロ投げ銭もらった。

これでお土産買おう。ありがとうございます。

地図みずにただふらついているわりにはなかなか有名どころに遭遇する。

P2229218.jpg

いうまでもないトレビの泉ですね。

P2229222.jpg

みんなたべてるのでたべたくなった。イタリアンジェラート2ユーロ。投げ銭残8ユーロ。

P2229224.jpg

先へ進みます。

P2229238.jpg

ついた!ここですよ!ちょっとならんでる・・・。

P2229258.jpg

最高のお土産を発見しました。おじさんお手製の真実の口オカリナ。どこのお土産屋でもみたことのない優れた逸品。

真実の口とイタリアの楽器を組み合わせたあたりが最高!これが3ユーロしかしないのよ!自分用とお土産用と3つ購入。

サイトやってて読んでる人にお土産ほしいんだ!1個おまけしてっていったら1個くれた。

おじさんありがとう。しばらくしたらお土産ページ作ります。どういう形で配布しよう。

投げ銭残2ユーロ。

P2239259.jpg

おじさん演奏デモ中。

まだならびます。

P2239260.jpg

真実の口で記念撮影。これが本物か!イギリスの高速道路のインターにだいたいある。占いマシン。

P2239261.jpg

少し質素なところがいい真実の口がある教会。

P2239264.jpg

広場をあるいて帰ります。

P2239267.jpg

凱旋門とコロッセオ。コロッセオはローマをさる前に明日行こうと思う。

P2239276.jpg

ランボルギーニがとまっていた。

P2239291-2.jpg

在庫切れなためりんごとみかんを仕入れる。投げ銭残0。聞いてくださった方ありがとうございました!

P2239293.jpg

長い一日を終え宿に帰還。延泊しました。

P2239298.jpg

さて、明日はローマを最後にもう少しみてナポリへ移動しようと考えています。

それではまた明日。

おやすみなさい!

西洋放浪記 22日目 ローマの平日

おはようございます。

さすがにちょっと疲れてきたのか午前は宿でのんびりしてました。

今日はROMA EST.というショッピングモールに行きたいと思います。

ちょっと遠いので1日つぶれると思う。

P2218777.jpg

最近まともなもの食べてないなとふと思いレストランへ。

P2218781.jpg

海鮮パスタ。おいしい。

P2218780.jpg

そして魚とサラダ。

P2218782.jpg

13ユーロと結構高かったけど、ボリュームには満足。

さて、ROMAESTショッピングモールへむかいます。

サイトを見たら電車なルートがかいてなかったけど、最寄りの駅まで購入。0.9ユーロ。バスだと往復10ユーロだといわれたので却下。

P2218784.jpg

このホームの先のほうに電車がいるといわれた。

P2218786.jpg

え、

P2218788.jpg

いやとおくね!

P2218791.jpg

ようやく到着。これ絶対のりおくれるひといるでしょ。

P2218795.jpg

乗車後ローマから1駅のところで乗りかえます。

P2218796.jpg

乗り換え完了。

P2218800.jpg

Lunghezzaまでおおよそ45分。

P2218801.jpg

なんか駅前結構人いるけど、ただの地元民。

P2218804.jpg

脳内マップをもとにおおよその方向へ進む。30m進んだらすでに誰もいない。

P2218805.jpg

小さな街を通っていく。

P2218809.jpg

あそこにROMAESTが見えるのになかなかあっちへ渡れる道が見つからない。

P2218810.jpg

進む。

P2218813.jpg

もはや建物すらなくなってきた。

P2218816.jpg

たぶん住宅地を開発中

P2218818.jpg

歩き始めてからすでに1時間は経過。

P2218819.jpg

坂を登る。

P2228822.jpg

ようやくみえた。良い道がみつからず1時間半ぐらいはかかった。

P2228824.jpg

高速みたいなのがはしっているので

P2228826.jpg

のりこえます。

P2228829.jpg

到着。

P2228831.jpg

思っていたより広そう。

P2228832.jpg

いろんなお店がある。

P2228837.jpg

目当てのアップルストア発見。

P2228834.jpg

MacbookAirが高負荷かけると電源おちることがあるので飛び込みで見てもらった。3時間ぐらいいたかな。

結局原因はわからず。ロジックを交換すればなおるかもしれないとはいってたけど、在庫がないのでできない。

P2228836.jpg

今回は時間ないから修理できないけど、どっか別のアップルストアか日本に帰国したら交換してもらおう。

P2228838.jpg

スーパーでパンを購入2ユーロ。

P2228840.jpg

電車も走っている。

P2228846.jpg

大きな電気屋さんも有り。

P2228847.jpg

ちびっこのプレステブースもある。

P2228848.jpg

さて、帰ります。Apple Storeでかなり時間がたったので外はすでに暗いです。

帰りはおそらく近いほうの道で帰ります。

P2228849.jpg

ただこまったことに歩道がない。30cm横を車が100km以上で通り抜けていきます。

P2228851.jpg

一応方向はあってるみたい。

P2228853.jpg

こんなこともあろうといつでもライトはもっています。正直道じゃないです。

P2228856.jpg

歩道は一向になし。

P2228858.jpg

おぉ、なんとかついた。こっちだと20分ぐらいですね。

P2228859.jpg

電車できてみた結果。ROMA Estへは2通りのルート出いけます。安全で遠いルート。危険で短いルート。

両方行ってみた結果。高いけどバスで行く。をおすすめします。

個人的には電車は0.9ユーロしかしないのでこれで良かったと思っています。

P2228860.jpg

券売機が壊れてます。

P2228864.jpg

電車は10分後

P2228863.jpg

写真の方向を指座されてあっちのバーでチケットを買えると現地人にいわれたので買ってきました。

1ユーロで70分まで乗れる券でした。バーでも買えるんですね。

P2228861.jpg

乗車。がらがら

P2228865.jpg

あなたのために作ったの!ってかいてある張り紙があったので撮っておきました。迷路かと思ったら違った。

P2228868.jpg

乗換駅へ到着。

P2228869.jpg

この駅もなかなかでかい。

P2228872.jpg

2ユーロで買ったパン(6個入り)をそのままもってるのでただの変な人です。

P2228873.jpg

乗車

P2228874.jpg

ローマ駅へ到着。

P2228875.jpg

最後に宿のすぐ横にあるものすごい色のライトアップをしている建物。

P2228878.jpg

さてと今日はここまでです。

明日はヴァチカンに再び行きます。

ナポリに移動しようかと思ってましたが、たぶんローマを1日延泊します。宿が安いので下手に移動するよりは良い気がする。

それではおやすみなさい!

西洋放浪記 21日目 フィレンツェ-ローマ-ヴァチカン

おはようございます。

相部屋だった韓国人達と記念撮影。

P2208255.jpg

さてとフィレンツェの街を観光していきます。美術館はみないのであまりみるところがないのですが。

P2208256.jpg

ドームに到着。ここのぼれるんです。

P2208264.jpg

のぼります。400段以上ある。

P2208276.jpg

途中にあった巨大な石像。

P2208279.jpg

今度は螺旋階段。

P2208288.jpg

窓からみた景色。

P2208291.jpg

ドームのちょっと上に到着。

P2208296.jpg

一周できます。

P2208297.jpg

美しい天井

P2208303.jpg

まだまだのぼります。

P2208316.jpg

いったいどこまであるんだ?

P2208319.jpg

窓からの景色。結構高いところまできた。

P2208322.jpg

まだ続く。

P2208329.jpg

まだのぼる。

P2208336.jpg

のぼる。

P2208342.jpg

ようやく到着したようだ。

P2208346.jpg

ドーム上からの景色。フィレンツェが見下ろせる。

P2208349.jpg

曇っていたが徐々に晴れてきた。

P2208352.jpg

名前は忘れたがこの塔も結構有名だったはず・・・登れる!

P2208362.jpg

単純思考なのでのぼれるところは登ります。

P2208375.jpg

さてくだります。以下略。

P2208379.jpg

次は教会の中

P2208474.jpg

これまた綺麗な教会

P2208391.jpg

天井の絵が綺麗だなー。

P2208397.jpg

地下には博物館がある。教会下でみつかった遺跡からの掘り出し物や遺跡跡のようだ。

P2208405.jpg

博物館にあったクロス。

P2208407.jpg

さて次はこっちのぼります。

P2208413.jpg

これまた400段以上あります。

P2208414.jpg

途中からの景色

P2208424.jpg

もうちょっと上の途中からの景色。

P2208440.jpg

到着。

P2208445.jpg

結構高い。

P2208449.jpg

一周する感じ。

P2208453.jpg

フィレンツェの町並み。

P2208454.jpg

町並み続

P2208461.jpg

さてとフィレンツェは満足したので、駅へいってローマ行きのチケットを取ります。

P2208476.jpg

安いチケットだと30ユーロで3時間40ユーロの高速便だと1時間半。ここは時間を買った。

P2208477.jpg

のります。

P2208479.jpg

5号車

P2208482.jpg

高速列車だからいつものっている電車よりはるかに綺麗!

P2208483.jpg

ちょっと作業中。

P2208485.jpg

電源もあるよ!

P2208486.jpg

ローマに到着。

P2208490.jpg

広い・・・

P2208494.jpg

でっかい本屋さんもある。

P2208496.jpg

インフォーメーションでホステルの位置を教えてくれた。駅から5分ぐらいのところ。1泊13ユーロと格安。ドミトリーだけどね。

P2208498.jpg

さてと荷物もおいたし、観光にいきます。

P2208501.jpg

教会。

P2208504.jpg

いつもとちょっと天井の雰囲気が違うのがいい。

P2208507.jpg

地下もある。

P2208510.jpg

階段。

P2208512.jpg

お祈りスペースですね。

P2208513.jpg

さてと、どんどんいきます。

P2208514.jpg

先へ行きます。

P2208517.jpg

マクドでお昼。そこらへんのお店はいるより安い。

P2208520.jpg

マックラップ頼む。

P2208521.jpg

マックラップ。なかなかおいしい。ビーフと水菜とピーマンにマヨネーズが入ってる。

P2208523.jpg

進みます。

P2208533.jpg

有名なところ来ました。スペイン広場。

P2208536.jpg

結構人います。

P2208542.jpg

降りてきた方向

P2208546.jpg

スペイン広場

P2208556.jpg

先へ進みます。

P2208563.jpg

なんかくる。

P2208565.jpg

なんかきた。

広場についた。人がたくさんいる。

P2208569.jpg

テレビ取材中。

P2208571.jpg

なんかお祭り騒ぎ。芸を披露している。

P2218576.jpg

天使?なおねえさん。

P2218579.jpg

なんてかいてあるんだろう。

P2218581.jpg

ヴァチカンへ向かってます。

P2218591.jpg

みえました。San Pietro

P2218594.jpg

日が沈みます。

P2218600.jpg

サンピエトロ広場。

P2218603.jpg

よく映画に出てきますよね。

P2218606.jpg

今日は入る予定なかったんだけど、空いてるので入ります。

P2218614.jpg

正直どこからがヴァチカンがよくわからない。

P2218619.jpg

San Pietroからみた広場。

P2218624.jpg

入ります。

P2218625.jpg

今まで見た教会のなかで一番綺麗かもしれない。というか規模がでかすぎる。

P2218629.jpg

天井たけえ

P2218631.jpg

あまりに大きすぎておさまらないので久しぶりに魚眼装着。

P2218641.jpg

ミサ中なのでこれより先には入れない。

P2218660.jpg

ローマ法王一覧。

P2218693.jpg

博物館入り口。学割で5ユーロ。なかは撮影禁止。

キリスト教じゃない方でも是非。ローマ法王に捧げられたものなどがあるので、何世紀も前の最高の技術がほどこされた装飾品などがあって興味深かった。何百年前でもここまで綺麗にものをつくれただなんて。

P2218695.jpg

さてとそろそろ帰ります。

P2218708.jpg

ヴァチカンの門番。

P2218710.jpg

雲もなくなった。

P2218717.jpg

ヴァチカンの庭へ入れるツアーを見つけた。ちょっと高いけど明後日の朝に予約した。24ユーロだったかな。

P2218720.jpg

P2218723.jpg

噴水。

P2218732.jpg

なんていう建物かわからないが相当大きい。明日地図で見てみよう。

P2218740.jpg

とても明るい露店。

P2218758.jpg

コロッセオが見えてきた。

P2218760.jpg

コロッセオ。

P2218765.jpg

公園を通ってきます。

P2218773.jpg

無事宿に到着。ヴァチカンまでは片道1時間ぐらいあるので結構歩いた。

今日は散策しただけなので、明日はゆっくり街を見て回ろうと思う。

それではおやすみなさい!

また明日!