カンボジア旅行記 3日目 トンレサップ湖

おはようございます!

昨日までで結構つかれたので今日は昼過ぎまで宿でゆっくりしていました。

12時過ぎに宿から出発。センターマーケットを目指そうとトゥクトゥクのお兄さんに話しかけると湖いかないか?と話をもちだしてきた。5ドルでつれてってくれるというのでその話にのることに。かなり安い。

P3132748.jpg

進むと徐々に田舎に。

P3132752.jpg

右側は全部ハス畑。帰りに寄ってくれるという。どうやらこの運転手トーマスさんはいい人そう。

P3132755.jpg

反対側は米畑。

P3132761.jpg

船着き場へ到着。どうやらここは最近建物を造ったらしくかなり綺麗。

P3132764.jpg

船代20ドル(たぶん値切れるけどめんどくさい)を払い乗船。オフシーズンで人が少なく黒と貸しきり。

P3132765.jpg

ここは人工の河で数km先に目的地のトンレサップ湖がある。

P3132768.jpg

河周辺には船修理を行っていたり

P3132773.jpg

民家があったり、観光地と同時にその暮らしも見え隠れする。

P3132776.jpg

ここらへんの住民の90パーセントは漁業で生計をたてているという。

P3132778.jpg

魚市場も見える。

P3132780.jpg

観光船と並び多くの漁師たちが湖へ向かっている。彼らは数日間漁業を行いさきほどの魚市場へ行くという。

P3132782.jpg

途中から細い河へ入り込んだ。ショートカットだと笑っていたがかなり水深は低そう。たまにつかかると言っていた。

P3132784.jpg

河を抜けてトンレサップ湖に入ると早くも有名な浮いている街が見えてくる。

P3132790.jpg

ボリビアのチチカカ湖でも浮島はみたが、こっちは一軒一軒が船になっている点すごいかもしれない。

P3132795.jpg

右側の奥にあるのがバスケットボールコート。浮いているバスケットボールコートってすごくね!?

P3132800.jpg

スーパーへ到着。まぁ観光の間に村の生計をたてようということだろうとおもうが、これから学校によるので差し入れを買ってくれといわれた。水12本を5ドルで購入し出発。

P3132801.jpg

生徒に水を配る。ここはカンボジア語の授業中。

P3132804.jpg

別の教室ではベトナム語を教えている。英語も別の教室で教えている。340人学んでいるそうだが、この浮いている街には不法で滞在しているベトナム人が多いためこのような言語も用意されているとおもわれる。

P3132805.jpg

船に戻る。

P3132806.jpg

お土産屋さんの建物に到着。10分間ここで見て回ってねーといわれた。まぁ商売っ気はなく押し売りはされない。何か買ってあげようかと見たが特に目ぼしいものもなかったので風景を楽しむ。

下が先ほどいた学校。

P3132821.jpg

これがバスケットボールコート

P3132823.jpg

建物の3階なので結構たかい。

P3132831.jpg

本日の個人的なつぼ、命名「桶キッズ」。撮影したから1ドルくれと言ってるのかと思いきや蛇を1ドルでかってほしいらしい。あほかwww。カメラ目線ありがとう。

P3132833.jpg

お土産の島には小さなワニ園もある。

P3132838.jpg

魚もたくさんいる。ナマズっぽい?餌をまくと大量にバタバタうごく。

P3132814.jpg

お土産島にいるあいだ、一緒にのっていたガイドさんが深刻な顔して「あと20分で俺の家がつっかかっちゃうから動かしてくる」といって消えたのが印象的だった。

どうやらこの街は水位に合わせて移動しているらしい。船着き場から先ほどの写真にあった街がある場所全部は4月までには全部野っ原になり羊だらけになるという。

水の上で生活するのも大変ですね・・・

再度出発。街というだけあってお金さえあればなんでもそろっています。こちらにみえるのがレストラン。

P3132844.jpg

浄水所もあります。

P3132846.jpg

豚でさえ買っている。英語しかしゃべれない運転手だが、ぼそっと「水上の豚」とつぶやいたのは笑ってしまった。

P3132848.jpg

これから河へもどり船着き場へ戻る。この看板があちこちにあるので何か聞いてみたら水位が低いときに追い越しはするなという看板らしい。

P3132851.jpg

再び市場の横をとおり、

P3132856.jpg

船着き場へ到着。

P3132857.jpg

しかし、まっているはずのトーマスさんがいない!30分ぐらい探したけどいなかった。

途中で新しいアップル製品もみつけました。命名 「iTukTuk」

P3132859.jpg

別アングルからもどうぞ

P3132860.jpg

トーマスが見つからなかったので同じ5ドルで街まで別の方につれてってもらうことに。

P3132861.jpg

走ること10分トーマスとすれ違い確保。さきほどの運転手には2ドル渡し再びトーマスに乗車。

タイヤがパンクしてなおしにいってたらしい。パンクしたタイヤをみせてくれたので本当だと思う。

P3132863.jpg

約束のハス畑へ。

P3132865.jpg

右が咲く前の花。左が咲いた花。

P3132887.jpg

花が散った後のハスの実は食べられる。食べてみたけどトウモロコシに近い味がする。

P3132876.jpg

根っこが食べられるらしくトーマスさんが引っ張っている。ヒルにかまれる場面もありつつ

P3132877.jpg

とれた根っこ。これはスープにできるらしい。

P3132885.jpg

ハスはブッダにお祈りするときにも使う。花びらを外から2周折り込みこのような形にするらしい。

P3132873.jpg

道なき道を歩きハス畑を進む。

P3132891.jpg

ハス畑は無料だった。街へもどる。

P3132892.jpg

風景を見せてくれようとメイン通りからはずれた道をとおってくれた。

P3132894.jpg

センターマーケットで下ろしてもらいご飯へ。本当に5ドル以上請求されることはなかった。とてもいい人だ。満足したのでチップも多少渡しておいた。

P3132895.jpg

りんごとにんじんのミックスジュース。

P3132897.jpg

えびのヌードル。塩味。

P3132899.jpg

ソーセージのチャーハン。

P3132900.jpg

パイナップルジュース。

P3132902.jpg

最後にもう1杯オレンジジュースのんだが撮りわすれた。散々飲み食いして一人9ドル強。

フレッシュジュースが安いのは本当にうれしい。

その後センターマーケットでお土産購入を楽しみ

P3132903.jpg

宿へ帰還。

P3132904.jpg

宿で数時間休憩をし、再びご飯へ。斉藤君と待ち合わせている。

P3132906.jpg

バナナジュース

P3132908.jpg

チャーハン。

P3132910.jpg

全員で5ドルと激安だった。

P3132914.jpg

実は斉藤君と待ち合わせていたのは明日一緒にツアーにいこうということになっている。

明日ははやいのでさっそくねようとおもう。

おやすみなさい!

また明日!

カンボジア旅行記 2日目 アンコール遺跡群

おはようございます!

今日はアンコール遺跡群を見に行きます。

宿にて無料の朝ご飯のビーフ入りバゲット。

P3122391.jpg

宿にて無料のママチャリで出発!

P3122393.jpg

ひたすら走ります。

P3122394.jpg

アンコールワットへ。

P3122396.jpg

進め!

P3122399.jpg

アンコール遺跡群のチケット購入。3日間で40ドルのチケットを購入。

P3122400.jpg

アンコールのチケット。

P3122403.jpg

黒とアンコールで記念撮影。40分ぐらいで到着。

P3122407.jpg

逆行なのでとりづらい。

P3122411.jpg

入ります!

P3122414.jpg

もうすぐ!

P3122419.jpg

こんにちはアンコールワット!広い!

P3122428.jpg

さきほど入ってきた入り口。

P3122434.jpg

中へ入ろう。

P3122439.jpg

ずーっと壁画が描かれています。

P3122441.jpg

こんな壁画ばかり!

talk.jpg

のぼります。

P3122450.jpg

タイのアユタヤもすごかったけど、ここもすごいなぁ。

P3122452.jpg

買った水の会社のメールアドレスがGmailなのがきになってしかたない。

P3122457.jpg

ちょっと遺跡をよじ登ってみる。

P3130144.jpg

さらにのぼっているようだ。

P3122464.jpg

並びます。

P3122466.jpg

TシャツはOK

P3122467.jpg

10分待ちぐらいだった。のぼる!

P3122469.jpg

こんな建物も建てるのには果てしなく長い時間がかかったに違いない。

P3122471.jpg

アンコールワット。

P3122474.jpg

うえからの景色。

P3122478.jpg

ちらほら日本にもいそうな石像がいる。

P3122481.jpg

中央の建物にいる石像。

P3122483.jpg

石像の首がなくてかわいそうなので首をつけてみる

P3130161.jpg

壁の彫刻も細かくて美しい。

P3122485.jpg

降ります。

P3122486.jpg

自転車が予想以上に使えなかったので(こいでもこいでも進まない)アンコールワットを反対側にぬけてトゥクトゥクを拾うことにした。自転車は帰りに拾いに行く。

P3122488.jpg

アンコールワットの反対側の門付近にあった遺跡。

P3122492.jpg

熱くなってきた。38度ぐらいだろうか。

P3122495.jpg

反対側から。

P3122504.jpg

トゥクトゥクを捕まえた。タプロームという遺跡まで4ドル。

P3122506.jpg

到着。入ります。

P3122507.jpg

5分ぐらいあるくと遺跡が見えてくる。

P3122508.jpg

この木が生えた遺跡が特徴的。

P3122513.jpg

比較的崩壊してるところが多い気がする。

P3122523.jpg

もはや木が遺跡にあるというよりは木の中に遺跡がある。

P3122526.jpg

あちこちに木のはっている遺跡がある。

P3122540.jpg

木再び

P3122558.jpg

遺跡にはえる木々。ここはアンジェリーナジョリー主演のトゥーンブレイダーの撮影地でもある。

P3122562.jpg

朝からずっと動いているのでおなかが空いてきた。

P3122564.jpg

お昼のお時間。Amokという料理を頼んだ。

P3122569.jpg

合わせてたのんだアイスカフェオレ。

P3122570.jpg

Amok。ご飯大盛りにしてもらった。

P3122572.jpg

ココナッツミルクを利用しているらしい。とてもおいしかった。

P3122573.jpg

再びトゥクトゥクを捕まえバイヨン遺跡へ向かう。

P3122574.jpg

バイヨンへ到着。アンコールワットよりすごいかもしれない。

P3122579.jpg

入ります。

P3122583.jpg

遺跡には顔がたくさん。

P3122593.jpg

顔顔

P3122598.jpg

悪そうな顔している・・

P3122623.jpg

日本の協力を元に修復作業を行っているようだ。

P3122628.jpg

鳥の石像とバイヨン

P3122629.jpg

その後休憩しつつ客待ちのガイドのサムさんとしばらく話していた。

次はすぐ隣のバプーオン遺跡。

P3122632.jpg

ここの階段も非常に急

P3122634.jpg

さらにのぼる。

P3122638.jpg

石で作られている屋根も立派なものである。

P3122640.jpg

まだのぼります。

P3122641.jpg

頂上到着。のぼりたいけど、この上はのぼれないらしい。

P3122643.jpg

すぐ近くの森には小さな遺跡がたくさん。広すぎて・・・

P3122649.jpg

トゥクトゥクにのりプノンバケン遺跡へ向かう

P3122651.jpg

プノンバケンは山の上にある。のびります。

P3122654.jpg

遺跡の上へ。

P3122658.jpg

遺跡の上へ到着。この上は300人制限が設けられていて徐々に人が増えてきます。夕日を見るためです。

P3122660.jpg

待つこと数時間日がすこしずつ沈んできた。

P3122665.jpg

夕日。綺麗だなー。

P3122669.jpg

遺跡の扉から夕日。

P3122701.jpg

曇っているのでそろそろ限界かな?

P3122705.jpg

最後!

P3122712.jpg

下ります。

P3122726.jpg

空の色が綺麗。

P3122729.jpg

プノンバケンであった日本人のトゥクトゥクに相乗りさせてもらいアンコールワットへ。

P3122733.jpg

再び40分位をかけて宿へ到着。

P3122735.jpg

プノンバケンであった斉藤君とまちあわせをし、夜市へ

P3122738.jpg

到着。にぎわっている。

P3122739.jpg

10皿ぐらい頼んだけど一人500円ぐらいだった。

P3122742.jpg

帰りにクレープっぽいデザートを60円程度で購入し宿へ帰還。

P3122744.jpg

朝早くからまわっていたので非常に疲れた。

でもそれを忘れられる位すごいものをたくさん見た。

明日はどこへ行こう??

それではまた明日!

おやすみなさい。

カンボジア旅行記 1日目 カンボジアへ!

おはようございます!

帰国したばかりですが、本日からカンボジアへ、大学の友人黒澤君(以降、黒)と二人でいってきます。

航空券をとったのが割と最近だったので羽田発のチケットがとれず、成田へ!

まいどのことですが、最寄り駅から直通バス。

P3112323.jpg

成田到着。

P3112324.jpg

大食いな二人で昼飯は和幸。おかわりももちろんします。

P3112327.jpg

13時50分発。上海行き。

P3112333.jpg

黒も撮影中。

P3112334.jpg

格安航空の東方航空でカンボジア・シェムリアップまで往復6万4000円ぐらいです。

P3112335.jpg

出発!

P3112336.jpg

お昼に和幸とか食べてないので、機内食!

P3112338.jpg

3時間ぐらいの空旅。

P3112340.jpg

到着。

P3112342.jpg

乗り継ぎのゲートが閉まっていたので仕方なく一度ゲートから外へでてもう一度入る。

P3112346.jpg

空港内で3時間ほど待機時間。

P3112349.jpg

中国茶でも飲みながら待ちます。

P3112351.jpg

中国のネット規制(TwitterとかFacebookとか繋がらない)を体験したりして、雑談していたらそろそろ搭乗時間。

P3112355.jpg

外はもう暗いです。

P3112358.jpg

19時発カンボジア・シェムリアップ行き。

P3112361.jpg

搭乗。

P3112363.jpg

機内食。豚肉とパスタ。真ん中のお菓子みたいな袋にはだいこんの漬物がはいっていた。しかしパスタと漬物って・・・。

P3112366.jpg

4時間でシェムリアップに到着。夜10時過ぎにもかかわらず気温は28度。一足先に夏を体験。

P3122369.jpg

のってきた飛行機。

P3122371.jpg

飛行機から徒歩というのはイースター島を思い出す。

P3122372.jpg

事前にビザを発行してきていないので、発行しにいきます。

P3122374.jpg

ビザ発行はこちら。

P3122376.jpg

ビザ発行のカウンター。費用20ドルと書類を記入して左の人に渡すと、バケツリレーのように右へ右へと流れていく。

書類を確認するひとハンコを捺す人印刷する人。

P3122377.jpg

10分もかからず発行された。写真は4x6cmが公式のようだが3×4を渡しても何も言われなかった。

P3122390-1.jpg

荷物は預けていないのでスルー。

P3122378.jpg

カンボジア!おじゃまします!あっちー!

P3122381.jpg

今日泊まるKrorma Yamato Guest Houseへトゥクトゥクで向かいます。

P3122382.jpg

出発。

P3122385.jpg

シェムリアップ国際空港入り口

P3122386.jpg

近くのガソリンスタンドのお店へやってきた。虫よけを購入。

P3122387.jpg

本日お世話になる日本人ゲストハウスのKrorma Yamato

P3122388.jpg

さて、もう時刻は12時過ぎ!

明日から観光しますのでさっさと寝ます!

それではおやすみなさい!

またしばらく旅行記をよろしくお願いいたします。

カンボジア旅行記 (終了)

2012年3月ヨーロッパから帰ってきたばかりですが、大学の友人黒くんとカンボジアへ行ってきます。予報では雨とか書いてあるサイトもあったので少し不安ではありますが、楽しんできたいと思います。1週間という前回にくらべたら短い旅行ですが、いつもどおり写真満載のブログを上げていきますので、読み終えたらブログしたの共有ボタンでシェアしていただけるとうれしいです。コメントも是非よろしくお願いいたします。

これまでの旅

今までの旅の軌跡「Around the World

前々回の旅行記「南米旅行記(終了)

前回の旅行記「西洋放浪記(終了)

カンボジア旅行記

カンボジア旅行記 1日目 「カンボジアへ!

カンボジア旅行記 2日目 「アンコール遺跡群

カンボジア旅行記 3日目 「トンレサップ湖

カンボジア旅行記 4日目 「ベンメリア探検/コーケー昼飯/プリアヴィヒア戦線

カンボジア旅行記 最終日  「シェムリアップ郊外散策

その他

・当ブログに登場している人物にはすべて許可を得た上でブログ記事を投稿しております。

・当ブログの転載は構いませんがコメントやトラックバックなどでどちらに転載されたか教えていただけると嬉しいです。

・当ブログの写真は人が移ってるもの以外ならば自由にお使いください。一言コメントなど残していただけると嬉しいです。

西洋放浪記 最終日 モンサンミッシェル寺院-帰国

おはようございます!現在朝6時45分です。

泊まっていた宿を去り朝日とモンサンミッシェルを見に行きます。

P3051851.jpg

やっぱり晴れは俺についてまわる!

P3051853.jpg

朝日。

P3051857.jpg

昨日も歩きましたが、モンサンミッシェルまでは3、40分です。

P3051866.jpg

朝のモンサンミッシェル

P3051890.jpg

寺院が9時半にオープンするのでそれまでお散歩します。

P3051934.jpg

あんないじょりょうがえ いや漢字で書けなかったのだろうか。

P3051935.jpg

朝早いので誰もいない街です。お店も閉まってます。

P3051936.jpg

ちょっとのぼったところからの景色。

P3051942.jpg

午前9時25分。入場開始待ち。11時20分のバスに乗らないと電車を逃し、飛行機を逃すという負の連鎖が始まるので急ぎで回ります。11時20分のバスに乗れなかったら帰れない!

P3052005.jpg

右側のツアー用の入り口にものすごい列ができている。全員日本人。

ここは日本なのかと錯覚するほどに日本人だらけである。ここまでくると少し日本人の入場規制したほうがいいのじゃないかと思ってくる。

俺がヨーロッパの人でモンサンミッシェルにきてたとしたら結構やりづらい。

東京タワーの入り口に金髪の人が100人並んでる感じ?

P3052010.jpg

入場開始。学割はなかった。年齢割りはあった。26歳以下は安くなるらしい。5.5ユーロ。

おじさんに学割は?ってきいたらないよ。年齢割りはあるよ。って言った後に一般価格を提示してきたあたり、さては俺をおっさんだとおもったな!!!いや、まぁおっさんだけど。26以下ですよ。

P3052015.jpg

島の上半分が全部寺院なだけあってとても広そうだ。

P3052019.jpg

朝歩いてきた道が見える。

P3052024.jpg

モンサンミッシェルの模型。

P3052029.jpg

潮が引いている景色もなかなか綺麗である。

P3052036.jpg

寺院。

P3052044.jpg

シャドーオブザ寺院

P3052052.jpg

中に入ろう。

P3052056.jpg

派手ではないがとても綺麗な作り。

P3052067.jpg

船。俺の部屋も天井が高かったら飛ばしたい。

P3052069.jpg

十字架

P3052072.jpg

庭らしき所へ来た。

P3052081.jpg

庭からは景色が見える。すてき。

P3052080.jpg

一番乗りで動いてるので人がいなくて写真が撮りやすい。

P3052094.jpg

次から次へと部屋を移動する。想像以上に広い。

P3052099.jpg

翼が生えてる。

P3052101.jpg

再び大きな部屋へ

P3052104.jpg

暖炉がある。使用していた形跡があるね。

P3052116.jpg

寺院内には複数このような中庭みたいなものがあるようだ。

P3052123.jpg

ものすごく大きな柱がたくさんある部屋へ到着。柱が多すぎてあまりスペースがない。

P3052130.jpg

十字架

P3052142.jpg

門を開けるため?の車輪がある。

P3052145.jpg

鳩のすみか

P3052156.jpg

結構急いでいるけどすでに30分ぐらい経過。

P3052164.jpg

どの部屋もやはり柱が美しい。

P3052191.jpg

出口にたどり着いたようだ。

P3052198.jpg

お土産屋さん。

P3052199.jpg

出口付近に像がある。

P3052204.jpg

兵士に翼?

P3052203.jpg

寺院からでて帰ります。

P3052224.jpg

別の教会へ寄ってみる

P3052225.jpg

綺麗なシャンデリア

P3052226.jpg

綺麗なステンドガラス

P3052228.jpg

朝ご飯を買いました。カマンベールと野菜のバゲットを買いました。6ユーロ。やはり観光地価格。

P3052234.jpg

宿の方へえります。

P3052238.jpg

帰ると同時に曇ってきた。

P3052244.jpg

スーパーでチーズなどを購入。

P3052254.jpg

バス待ち。

P3052255.jpg

バスを止めるにはには手を振ってくださいとかいてある。

P3052256.jpg

無事乗車。

P3052258.jpg

レンヌ駅へ到着。

P3052260.jpg

電車待ちの間、カプチーノを飲む。

P3052262.jpg

乗車。帰りはパリ間でではなく空港へ直の列車。3時間かかる。

P3052263.jpg

草原。

P3062266.jpg

空港駅へ到着。

P3062269.jpg

TGVの空港駅はターミナル2、乗る飛行機はターミナル1なのでCDGVAL(ターミナル間の無料電車)へ向かう。

P3062277.jpg

乗車。

P3062284.jpg

ターミナル1到着。

P3062287.jpg

チェックインを済ませる。

P3062294.jpg

ラウンジで1時間ぐらい時間つぶす。

P3062295.jpg

ラウンジ内は食べ物無料なので、カレーとスープを食べる。カレー4杯位食べてしまった。P3062297.jpg

成田便搭乗開始もうすぐ。

P3062298.jpg

さらばヨーロッパ!

P3062302.jpg

搭乗。

P3062306.jpg

機内食。夕飯。鳥の照焼き。

P3062308.jpg

朝食のスクランブルエッグとハム、ソーセージ。

P3062309.jpg

帰国!映画は4本ぐらいみた!

P3062310.jpg

ただいま。

P3062312.jpg

荷物待ち。

P3062315.jpg

ターミナル1に到着。

P3062317.jpg

バスでターミナル2へむかいます。

P3062318.jpg

到着。

P3062319.jpg

実は事前に連絡をとっていて、南米旅行記のクスコにて遭遇したまことちゃんと帰国日も到着時間も近かったので会うことになっていた!

僕の携帯は旅行中に故障、まことちゃんはスリにやられてお互い携帯のない状況だったので無事合流できてよかった。

P3062321.jpg

僕は約一ヶ月ぶりの帰国、まことちゃんは約1年ぶりの帰国。久しぶりの日本食を味わいながらいろいろ話しました。

P3062320.jpg

まことちゃんとお別れをし、最寄り駅までのバスに乗車。

P3062322.jpg

35日間の旅を終え無事帰宅。

一ヶ月近く読んで頂きありがとうございました。

 

しかしながら!来週カンボジアへ言ってまいります。

その時も旅行記あげていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

 

また今回ヨーロッパで買ってきたお土産などをブログ読者にプレゼントも考えております。

しばらくしたらそちらの記事あげますので是非ご参加ください。

 

それでは!また次の旅行記にて!

アディオス!

西洋放浪記 34日目 モンサンミッシェルとジェダイ

おはようございます!

とても良い宿でした。

明日帰国するため、荷物を整理してたら少し宿をでるのが遅くなりました。

P3041527.jpg

宿の近くにすてきな建物があった。窓がピアノになってる!
P3041532.jpg

地下鉄でパリ・モンパルナス駅へ向かいます。
P3041534.jpg

3番線乗車。
P3041535.jpg

混んでいる・・・っいおうとおもったが、日本だったらガラガラレベルだった。
P3041537.jpg

12番線へ乗り換え
P3041541.jpg

パリにも電車のカウントダウンシステムがある。
P3041543.jpg

モンパルナス駅到着。
P3041550.jpg

TGVの切符を購入。乗車まで2分しかないのでダッシュ。
P3041560.jpg

間に合った。2時間ぐらいでレンヌ駅に到着する。
P3041561.jpg

レンヌ駅。
P3041562.jpg

バスの時刻表もらった。現在午後2時頃 4時40分までバスがない!なんてこった!
P3041564.jpg

駅前。
P3041567.jpg

雨が降ってきたのでwifiで情報でも集めながらお昼。9ユーロ。
P3041566.jpg

お昼を食べてると、ある記事を発見。

フランスで3日間限定販売された「ダース・ベーダーバーガー」の箱が超カッコイイ! 家宝にしたいレベル – ロケットニュース24(β)

なんだと!!!俺まだお昼食べてない!!!

というわけで、地下鉄へ直行
P3041569.jpg

レンヌ駅から2駅先のリパブリックまで行く。
P3041571.jpg

2両編成の小さい電車だった。5分で到着。
P3041574.jpg

ついた!記事読んでからわずか15分。
P3051591.jpg

販売は今日まで、ダースベーダーバーガーは売りきれている。ジェダイバーガーがある。ジェダイがまけているだと!?
P3041581.jpg

よかろう!微力ながら支援いたそう!ジャーン。単品4.5ユーロ。
P3051582.jpg

ダースベーダーバーガーが黒だからジェダイバーガーは白パン?
P3051584.jpg

いがいとおいしそう。肉2枚チーズ。タルタルソースって感じ。タマネギも結構はいってた。
P3051585.jpg

おいしい。
P3051586.jpg

個人的にはまったく気にならないですが、カロリー気になる方はどうぞ。
P3051587.jpg

もう一度。
P3051588.jpg

さて戻ろう。待ち時間やることねぇとか最初おもってたけど、あっという間だった。
P3051592.jpg

5分で戻ってきた。
P3051594.jpg

バス9ユーロ。モンサンミッシェルまで1時間強。
P3051596.jpg

みえてきた。なんか感動。
P3051597.jpg

島に着いたのでまずはどアップの寺院。明日時間があったら中入ります。
P3051603.jpg

ちょっと雰囲気のあるメイン通り。街はかなり小さいので10分もあれば端から端へ行けます。
P3051604.jpg

島一周したけどお店がもう閉まっているので、外からの景色を楽しみに行く。
P3051606.jpg

モンサンミッシェル。まだ曇っている。
P3051611.jpg

ちょっと離れたところから。雲がはけてきた。残念ながら夕日は雲で隠れている。
P3051632.jpg

ちょっと位置を変えて
P3051649.jpg

鳥が飛んでいく。
P3051678.jpg

ちょっと時間をおいて、ライトアップのお時間です。
P3051702.jpg

どうでしょうか?
P3051751.jpg

さて、宿へ行きます。この間ずっとバックパック背負ってました。
P3051784.jpg

離れていく。
P3051796.jpg

バスで一緒になった日本人二人と一緒に夕飯。彼らはこれから2週間ぐらいヨーロッパをまわるらしい。楽しんできてください!
P3051822.jpg

明日誕生日(日本時刻ではすでに誕生日)なので少し高目でもいいだろう!19ユーロ。

1品目ムール貝。
P3051816.jpg

2品目オムレツ。結構ボリュームある。
P3051818.jpg

デザートにチーズ。チーズたまらないね。
P3051820.jpg

今日の宿。モンサンミッシェルがベランダからみえる。良い部屋だ。
P3051830.jpg

明日はとうとう帰国日。

モンサンミッシェルを見た後空港へ向かいます。

それではおやすみなさい!また明日!

西洋放浪記 33日目 パリ散歩

おはようございます!

久しぶりの曇りです。

P3031378.jpg

パリをお散歩します。

P3031381.jpg

特にどこかめざしてるわけではありません。

P3031382.jpg

川!

P3031384.jpg

僕の中でパリはあまり晴れてるイメージがないのはなぜだろう・・。

P3031393.jpg

寺院がみえる。ノートルダムかな?

P3031396.jpg

裏から見たノートルダム寺院。

P3031398.jpg

もう1枚

P3031403.jpg

景色はいいかい?

P3031411.jpg

正面から。でっかいバックパックを背負っているので中には入りませんでした。

P3031417.jpg

なんかの建物。

P3031425.jpg

お、これしってる!

P3031427.jpg

カップルが鍵つけるんよね!

P3031430.jpg

お幸せに。

P3031431.jpg

鍵違い。

P3031432.jpg

王宮方面へ。

P3031435.jpg

お、ルーブルだ。

P3031436.jpg

並んでる以前に美術はよくわからないので入りません。

P3031441.jpg

公園の入り口。

P3031445.jpg

ミニ凱旋門。

P3031447.jpg

1ヶ月20kgを背負って回ってたつけか、右足に痛みが。

P3031452.jpg

エッフェル塔が見えるベンチで足を休める。

P3031461.jpg

オベリスク。

P3031473.jpg

と、なんか変なのいる!

P3031474.jpg

さらに進む。

P3031475.jpg

フランスなスターバックスへ。

P3031479.jpg

オリジナルメニュー的なものは見当たらなかったのでカプチーノのグランデを注文。

P3031480.jpg

Twitterのフォロワーさんに協力して頂きつつ、安宿を確保。協力いただいた方ありがとうございました。

P3031481.jpg

凱旋門へ。

P3031483.jpg

道路をくぐり

P3031491.jpg

真下へ。

P3031495.jpg

残年ながら足を負傷してるので登りません。明後日時間があったら登ってみようと思います。

P3031500.jpg

しかしでかいな・・・上に人がたくさんみえる。

P3031504.jpg

まだ2時ごろですが、足を回復させるため宿へ歩く。

P3031506.jpg

パリの中心から少しずつ離れていきます。

P3031508.jpg

宿の近くにはなぜか日本食屋がたくさんありました。将軍・・・おいしいのだろうか。

P3031513.jpg

今日の宿 Hotel Boissiere。28ユーロ。昨日のブループラネットホステルが25ユーロだったのでこっちのほうがいい。

P3031516.jpg

久しぶりの個室。

P3031518.jpg

ベルコニー付き。

P3031519.jpg

夕方5時ごろから雨が降り始めたので、はやめにきてよかったかも。

P3041523.jpg

サッカーを観るためににぎわってる。雨だからじゃないだろうけど、なぜかマクドナルドか、日本食屋かここぐらいしかあいてるところが見当たらなかった。数日後に帰国するのに日本食はまけた気がするのでパス。

P3041522.jpg

夕飯は近所のバーガー屋さんにて。芋と飲み物とセットで6.5ユーロ。マクドナルドより気持ちやすいかも。味もおいしい。

P3041521.jpg

宿で足治癒。きっと明日には直ってる!

P3041526.jpg

明日晴れるといいな・・・

それではまた明日!

おやすみなさい!

西洋放浪記 32日目 アルプスの空へ

おはようございます!

同室だったバングラ人のいびきがふとんかぶっても寝られないぐらい大きかったのでものすごく眠いです。

たぶん車のエンジン音とおなじぐらいの音量あるんじゃないかあれは。

P3021167.jpg

まぁいびきの話はおいといて、今日は以前ネット知りあってパラグライディングへ連れていってくださるという方と待ち合わせしています。

P3021170.jpg

彼の車が到着。

P3021173.jpg

この時期はバラは咲いてないですが、バラ公園へ来てベルンを一望。

P3021177.jpg

さて、パラグライディングするためにインターラーケン方面へ向かいます。車で1時間かからないぐらい。

P3021180.jpg

二つの湖の間の街という名前なインターラーケンの湖が見えてきました。

P3021182.jpg

到着。ケーブルカーで上へ向かいます。

P3021184.jpg

ジェームズボンドの撮影地でもあるシルトホルンのちょっと下ぐらいから飛びます。

P3021185.jpg

登ります。

P3021188.jpg

ケーブルカーで今回パラグライディングへ連れてってくださるサンホールさんと撮影。

SDC10474.jpg

ケーブルカー乗り換え。

P3021192.jpg

現在10度。結構あったかいです。

P3021193.jpg

Schiltgratとかいてあるところから飛びます。

P3021198.jpg

リフトに乗ってさらに登ります。

P3021203.jpg

のぼる。

P3021207.jpg

リフトにて。

SDC10477.jpg

飛び立ち可能なエリアへ到着。

P3021217.jpg

飛行イメージ。他の人だけど。天気は抜群。

P3021218.jpg

準備。

P3021224.jpg

準備完了。

P3021227.jpg

出発!

SDC10480.jpg

アルプスの空へ!きもちい!

P3021238.jpg

天気がよく気温が高いので上昇気流をつかみやすく、みんなどんどん上昇します。

P3021240.jpg

多くの方が同じ気流にのってのぼるので高さ違いで多くのパラグライダーが見えます。

P3021241.jpg

結構高いところまでのぼり、みんな自由に飛んでいます。しかし景色がすごい。

P3021245.jpg

飛んでいるとアイガー、ユングフラウなど有名な山がよく見えます。

P3021256.jpg

真下に先ほど出発した場所が見えます。

P3021264.jpg

パラグライダー。

P3021235.jpg

思ったより高く飛べたので、もともとそのまま駐車上へ降りる予定でしたが、一度さっきの出発した場所の近くへ降りて飲み物でも飲みに行きます。1時間ぐらい飛んでいた。

着陸直前ちょっと気流がかわって道から少しずれた場所に着陸してしまったため雪から脱出に20分ぐらいかかった。

牛乳のなんかをつかってるとかいってたから乳酸菌のことかな?をつかった飲み物、味は限りなくラムネに近かった。

P3021265.jpg

2発目行きます!今回は下まで降ります。

P3021269.jpg

Go!

P3021276.jpg

山と空。

P3021282.jpg

一緒に撮影。

P3021283.jpg

駐車場に行くにはこのような谷の間を飛んでいきます。

P3021298.jpg

町が見える。

P3021307.jpg

町の上で高速回転など目が回るような遊びをした後、街の中にある牧場に着地。

P3021315.jpg

谷がよく見える。

P3021317.jpg

動画も撮りました。風の音がすごいので音量注意。景色はこっちのほうがわかりやすいかも?

インターラーケンの湖をみながら戻ります。

P3021319.jpg

湖。

P3021322.jpg

何をとっても良い写真になる。

P3021325.jpg

景色や立地がよくゴールデン・コーストとよばれることもある岸にたつ街を通ります。名前相応の値段はするらしい。

P3021328.jpg

町並みは非常にベルンと似ている。

P3021331.jpg

ベルンへ到着。すてきなフライトへつれてってくださったサンホールさんへお礼をしお別れ。貴重な経験をありがとうございました!

P3021332.jpg

スイスフランを持っていてもしかたないので残金ほとんどを消費する形で中華をたべる。肉らしい肉は何週間ぶりだろう?

P3021334.jpg

パリへ帰る!電車が一等車しかなくて割高だったのだけが心残り。

P3031339.jpg

フランス行きのTGVがでているBasel駅へ向かいます。

P3031340.jpg

残りの3スイスフランでお菓子をかった。残金0。

P3031344.jpg

Basel駅へ到着。P3031350.jpg

結構大きい。1時間ぐらいでついた。

P3031345.jpg

TGV paris行き。

P3031351.jpg

乗車。

P3031355.jpg

一等車はさすがに綺麗。広いし電源付き。

P3031358.jpg

夕飯付きだとはおもわなかった。サーモンの生ハンバーグみたいなのがついてておいしい。サラダも生ハムが乗っている。

悔しいけどこの車内食が一番この度で豪華じゃないか?w

飲み物もこれとこれとこれとこれっていったら、アップルジュース、水、コーヒー、紅茶をくれた。

タクシー手配しようか?ともいわれた。これが一等車というものか。宿ないから手配しないけど!

P3031357.jpg

パリまでは約3時間。ブログ中。

P3031361.jpg

外見ていたら、おそらく水道局っぽい建物に目が書いてある。クオリティ高いけどこえーよ!

P3031362.jpg

快適だった一等車ライフにお別れを告げ、絶対快適ではないホステル探しへうつる。

P3031364.jpg

到着。

P3031365.jpg

午後の9時40分

P3031367.jpg

さすが都会空の色が街の電気で明るくなっている。

P3031371.jpg

駅から徒歩1分でホステルを発見。ブループラネット。一泊25ユーロ。朝食付き。

P3031374.jpg

6人部屋を独り占め。まぁ、一人でもベッドの快適さはまったく上昇しないわけですが。

P3031377.jpg

少なくとも今日はいびきが車並のバングラ人がいないので寝られそうです。

Wifiもないのでさっさとねます!

それではまた明日!

おやすみなさい!

西洋放浪記 31日目 ローザンヌ-ベルン

おはようございます!

セドウさんに駅へ送って頂いています。

P3011101.jpg

ちょっとローザンヌが一望できる展望台公園へ寄り道

P3011103.jpg

展望台へ

P3011104.jpg

景色。街よりさらに先にはアルプスがみえます。

P3011108.jpg

何が見えるかかいてあります。ちょうど正面がかの有名なエヴィアンです。

P3011114.jpg

ちょっとガスってるので山はシルエットだけしか見えません。

P3011109.jpg

一晩大変お世話になったセドウさんとお別れをしベルンへ。

P3011115.jpg

ローザンヌからベルンは電車でちょうど1時間ほどです。

P3011119.jpg

スイスに入ってから時刻表が電子じゃなくぺらぺら動くので見てて楽しいです。

P3011122.jpg

車窓からは常時綺麗な景色。

P3011125.jpg

ベルンへ到着。

P3011129.jpg

駅をでるとすぐにその街の雰囲気が伝わってきます。

P3011134.jpg

メインどおりはだいたいショッピング街です。

P3011136.jpg

ベルンは時計塔が有名ですね。

P3011140.jpg

以前は車も通れたらしいが、今は許可車と路面電車だけ。

P3011148.jpg

3両編成。

P3011150.jpg

別の時計塔。

P3011154.jpg

正面から。

P3011156.jpg

今日泊まるホステル。32スイスフラン。高いけど仕方ない。

P3011159.jpg

ご飯が高いので昼飯と夕飯を同時に済ますという画期的なアイデアを思いついた。いや、ただ1食減ってるだけか。

P3011164.jpg

大盛りパスタ。適当にたのんだけど、たぶんほうれん草とバターとレモン。おいしい。

P3011165.jpg

物価が高くて悔しいのでこれでもかというほどチーズをかけておいしく頂きました。

P3011166.jpg

この後は宿で体を休めてました。

夜のベルンでも見に行こうかと思っていたのですが、宿のロビーでドイツ人達と思いの外会話がはずんで夜中まではなしていました。

さて、明日もはやいので寝ます!

またあした!

おやすみなさい!

西洋放浪記 30日目 ジュネーヴ-ローザンヌ

おはようございます。

スイスは寒いだろうと覚悟してきたのですが、気温は13度。結構暖かいです。

P2291006.jpg

Gare Cornavin駅を経由し、

P2291008.jpg

湖の方へ。CERNの見学会に時間があれば行きたかったのですが、予約がちょっと間に合わなかった。

P2291011.jpg

スイス最大の湖。反対側はフランス。国境が湖上にあるため、スイス軍は防衛のため内陸国ながら海軍ももっている。

P2291015.jpg

湖沿いの公園はとても綺麗。

P2291019.jpg

物価は高いけれども、市内の設備は日本と同等ながらそのすばらしい景色を維持している。夢の国だ。

P2291020.jpg

日本以外にすみたい国は?といわれれば間違いなく1位の国だ。

P2291024.jpg

とても静かだ。

P2291027.jpg

人が生る木。そんなに同時にのって大丈夫か!?w

P2291032.jpg

何か建物がある。

P2291044.jpg

中は撮影できないが、科学館であった。基礎的な事がおおいが、昔から使われていた顕微鏡、望遠鏡、時計などなどが展示されていて非常におもしろい。大昔の義眼をつくっている映像もあった。

P2291045.jpg

その後は町散策。お散歩。

P2291049.jpg

お昼はちょっとメールを確認したかったのでマクドナルドへ。

P2291054.jpg

なんか非常口のサインがかっこいい。

P2291053.jpg

ローザンヌまでのチケットを購入。犬とかは2分の1を買うみたい。

P2291055.jpg

乗車。

P2291059.jpg

30分ぐらいでローザンヌ到着。

P2291061.jpg

駅のカフェにてカプリー丿をのみながら、急にあることについて記事を書きたくなったので、どう図解にすればいいのかとノートにがりがり2時間ぐらい書き込んでいた。そのうちまとまったらアップすると思う。

P2291062.jpg

駅前。ここでローザンヌに住むセドウさんと待ち合わせしている。一泊泊めてくださるとても優しい方だ。

P3011066.jpg

車で迎えに来てくれた。セドウさんはローザンヌの病院で医師助手として働いている。出身はスリランカだが、15年以上前戦争のときに難民としてこちらへきたそうだ。それ以来はスイスに住んでいて国籍もスイスである。

P3011068.jpg

湖まで連れてきてくれた。

P3011070.jpg

オリンピックミュージアムがローザンヌにはあるが、現在は改装中。

P3011074.jpg

しかし、ミュージアムの外にも関連する石像や銅像が多く飾られている。

P3011076.jpg

ホッキーの組織が寄付したもの。

P3011077.jpg

夕日が綺麗。

P3011078.jpg

湖沿いには人が集っている。

P3011085.jpg

湖に反射する色がなんともいえない美しさ。

P3011090.jpg

正面に見えるのがカテドラル。

P3011097.jpg

もう1つのカテドラル。

P3011099.jpg

セドウさん宅で記念撮影!夜遅くまで旅行について熱くはなしていました。

セドウさんも旅行が大好きで時間を見つけてはいろんなところへ行っている。近々はマレーシアに行くらしい。

P3011100.jpg

明日はベルンへ移動します。そろそろ旅もカウントダウンへ・・。

それではまた明日!

おやすみなさい!