コンテンツへ移動

チベット旅行記 2日目 西寧観光/青蔵鉄道乗車

おはようございます。2日目です。

今日は青蔵鉄道に乗車します。乗車は夕方なのでそれまで西寧を観光します。

b_P9140887

▲まずは、朝ご飯。肉まんとかその他バイキング形式。

b_P9140889

▲ホットミルクとともにいただきます。

b_P9140893

▲中国でもリンゴ人気

b_P9140895

▲昨晩もいった通り、朝早いのでまだ開いていないところもちらほら

b_P9140896

▲市場には野菜から丸ごとの豚まで売っている。

b_P9140899

▲歩道橋から町並み

b_P9140902

▲青蔵鉄道での食料を調達する。とりあえずレッドブル。ちなみに中国のには炭酸ははいってない。

b_P9140903

▲ノーコメント

b_P9140907

 

▲昨晩SDカードリーダーが壊れたので新調。日本円換算で300円ぐらい。

b_P9140916

 

▲昼ご飯の汁物。名前はわからないが、ラー油と香辛料の味がする。おいしい。

b_P9140918

 

▲毎度思うが、海外のビル建設は何かとみていて怖い。

b_P9140919

 

▲移動すること15分。西寧東開清真大寺へやってきた。モスクだ。

b_P9140920

 

▲西寧のある省にはウイグル自治区で、多くのイスラム教徒がすんでいる。

b_P9140922

 

▲この枠に並んでお祈りするという。男女時間は別で入り口のほうまで全部うまるとか。

b_P9140929

 

▲正面からみていた建物の裏側

b_P9140938

 

▲さらに移動すること30分、次のお寺へやってきた。

b_P9140943

 

▲ゲルク派の創始者の生地を記念して約500年前ぐらいに建てられたクンブム・チャムパーリン寺(タール寺。入場料80元。

b_P9140961

 

▲よく電気製品の部品を輸入するときにお世話になっているChinaPostの移動式。

 

b_P9140963

▲西寧についてはあまり調べてこなかったが、観光客が少ない。あまり人気ないのだろうか。

b_P9140977

 

▲如来八塔は入り口に入ってすぐにある。タール寺のシンボルでもありお釈迦様の一生を表している。

b_P9140983

 

▲中は街のように広く一周するだけでも1時間はかかりそうだ。坂道も多い。

b_P9141000

 

▲一度まわすとお経を一回読んだことになるマニ車

b_P9141004

▲人と同じサイズぐらいの巨大なマニ車もある。

b_P9141011

▲修行中の猫

b_P9141013

 

▲中には小さなお寺がたくさんあり、改造築を繰り返している。このように非常に古いものもある。

b_P9141016

 

▲新たにお寺を建設中。

b_P9141018

 

▲色鮮やか

b_P9141020

 

▲こちらは比較的新しいお寺。

 

b_P9141021

 

▲この独特な蛍光色の使い方。たまらない。

b_P9141028

 

▲どのお寺へも神様へのお供え物がある。毎日取り替えられる。

b_P9141033

 

▲上まで全部お寺の一部であり、一番上の方は修行している僧侶たちの住居。1000人近くいるそうだ。

b_P9141057

 

▲タール寺から移動し、チベット鉄道が出発する西寧西駅へやってきた。

b_P9141049

 

▲乗る前に腹ごしらえ。

b_P9141050

 

▲トマトとたまごのご飯。おいしい。

b_P9141051

 

▲炒飯。やはりここらへんでは日本人はめずらしいらしく。お店の人もちらちらみていた。会話をしてみると良い人たちだった。

b_P9141053

▲街の中からはわからなかったが、ここからみると西寧も意外と都会だ。ビルの建設が進んでいるらしいが、人が入っていないものも多い。

b_P9141062

 

▲駅の中へ入る。入るときにはチベットへの入国許可証を提示する必要がある。事前に旅行社などを通じて申請が必要で、原本は旅行社が保有することになるためコピーを事前にもらい提示する。1部は回収されるため複数必要だ。(電車の中やラサでも提示が必要あるため。)

b_P9141066

▲駅の中は混雑している。小さなお土産屋さんと本屋さん(中国書籍のみ)は中にある。

b_P9141069

▲今回のチケット西寧西駅から拉萨駅まで1等車で794元。

b_P9141068

 

▲一等車に乗る人はこの壁の中のソファーにすわって待てる。写真は取り忘れた。

b_P9141073

 

▲時間になるとかなり混みだす。

b_P9141075

 

▲看板に従いホームへ向かう。

b_P9141077

 

▲いよいよ乗車。

列車からはいよいよ本番チベットへ。次の記事でのお楽しみ!絶景といわれる車窓からの景色。晴れるといいなぁ。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。