コンテンツへ移動

西洋放浪記 7日目 モロッコ・タンジェ上陸

おはようございます。

西洋放浪記という名前ではありますが、モロッコはスペインの最南端からわずか数十キロ。船で1時間強で渡れます。

せっかくなので足を伸ばしてモロッコで数日過ごしたいと思います。

ホテルをでたら目の前には朝市が展開されていました。

P2065547.jpg

にぎわってます。

P2065548.jpg

外は野菜、建物の中は肉や魚中心です。

P2065549.jpg

ちょうどパンをきらしていたので補充しようと思います。

P2065552.jpg

菓子パンと

P2065553.jpg

右奥のいつも買ってるタイプのパン。少し時間がたってもおいしくたべられるので、ヨーロッパ旅には必需品。

P2065554.jpg

ここでやいてます。

P2065555.jpg

菓子パン4つバゲット3つで2.4ユーロ。安い!

P2065556.jpg

さて港へ参ります。

P2065557.jpg

港付近を歩いてると、「モロッコか?」「タンジェか?」と寄ってきます。

だいたい港の外のおっさん達は詐欺かぼったくりなのは知ってるが試しについてってみる。

「いやー今日はここしかあいてないんだよ」

「ほんとかよ」

「タンジェの便はここだけなんだよ。」

「ほんとかよ」

「となりの店にきいてみるか?」

聞いてみると首をふる。(グル)

「へー。でいくら?」

「新港まで34ユーロだよ。じゃあパスポートみせて。」

ちなみにタンジェまでのフェリーは昔はすべて街にある旧港まで行っていたが、いまはほとんど新港へ向かっている。

新港はタンジェの街からちょっと離れている。

まぁ詐欺ぼったくりの価格調査はおわったので、

「たけーたけー。どうせ他んとこもやってんだろ。」

と逃げてきました。会話は全て片言のスペイン語で。

P2065558.jpg

港に入り正規店で買いました。やってないなんてうそっぱちです。

旧港までで35ユーロ、新港までで23ユーロこれが今の平均価格です。

空いてる旧港までの船で一番はやいのが隣町のタリファからだったのでそのチケットを購入しました。

タリファまでは無料バスが出ています。

P2065561.jpg

バスが来たので乗ります。

P2065562.jpg

乗客は15人ぐらい、全員モロッコへ行きます。

P2065565.jpg

車窓から

P2065566.jpg

ちびっことにらめっこ中

P2065568.jpg

とるよー!っていったら弟も入ってきました。

P2065569.jpg

到着。目の前に船。

P2065573.jpg

来てしまった。言い忘れてましたが、doaは船が死ぬほど嫌いです。正直3日目にアップロードしたエル・カミニート・デル・レイより怖いです。

P2065574.jpg

もらった券は引換券なのでタリファでチケットと交換します。

P2065576.jpg

出国ゲート開放待ち

P2065577.jpg

モロッコの入国カード

P2065578.jpg

イスラエル人が3分ぐらいいろいろ質問されていたが、日本のパスポートは相変わらず開きすらしない。

乗ります。

P2065582.jpg

うわーーーーー船・・・・

P2065586.jpg

でっかい荷物は下に置いて、上がります。

P2065588.jpg

意外と綺麗。

P2065589.jpg

こんなかんじ。

P2065591.jpg

入国手続きは船の中で行います。これをしとかないとモロッコに着いたときに不法入国扱いされます。

乗ってすぐにならんだので船が出発するまえに終了。

P2065593.jpg

あでぃおーす!そして1時間ぐらい寝る。

P2065595.jpg

ねてたら到着。

P2065596.jpg

アフリカ大陸へようこそ

P2065597.jpg

入国スタンプ確認中。手続きしてなくて船の中に連行される人複数名。

そういう説明は船内でまったくされないので絶対誰かいるだろ、と思っていたけどやっぱりいるんですねw

P2065599.jpg

船をおりると、詐欺師達のお出迎え。まぁ、アルへシラスと同じですね。

ガイドするよ。日本人か?という人が30名ぐらい。みんな公式のガイドだよ。っていってきます。

案の定その中に本物の政府公認のガイドがいたので案内してもらうことに。

料金はかからないとのことだが、モロッコはチップな国なのでそういうことだとおもう。

旧市街を一人でマイクロ一眼構えて散策するつもりはなかったので、このガイドをボディーガードに連射しようという作戦。

P2065600.jpg

ガイドはおそらく70歳ぐらいのハッチさんというおじいさん。階段も軽快にのぼってゆく気さくな人。

P2065601.jpg

どうやらかなりの有名人らしく荷物検査も顔パスで機械をとおさず通過できた。

P2065602.jpg

タンジェは5つの宗教が混在していて、多くの外国人も住むインターナショナルな街らしい。

公用語はアラビア語、フランス語。子供は英語、スペイン語の教育もうけているらしい。

P2065605.jpg

宿は旧市街にあるらしい。

P2065608.jpg

階段をのぼり、

P2065609.jpg

路地を進む。建物の雰囲気がスペインとがらっとかわるから不思議だ・・・。1時間しかたってないのに・・・・。

正確には1時間時差で戻るから1分もたってないのに・・・・。

P2065610.jpg

宿が見えてきました。

P2065611.jpg

宿は14ユーロ。野宿をのぞいては最安値更新。暖房はないが毛布3つぐらいくれた。ベッドはなぜか二つあるが片方荷物おきにしてる。

シャワーは朝だけだが暖かいのがでる。

荷物をおいたらそこからガイドスタート。完全にローカル。

P2065614.jpg

観光地はあまりいいのでローカルな紹介をしてくれとたのんだ。

P2065615.jpg

まずはパン屋。このメディナ旧市街には3つこのようなところがあるらしい。

パンはできたものがうっているわけではなく、モロッコの女性が練った生地をもってきてそれを焼いてくれるお店らしい。

P2065616.jpg

街を進む。

P2065617.jpg

進む。

P2065618.jpg

サウナ。

P2065620.jpg

にゃんこ

P2065621.jpg

ここらへんはアメリカ人やスペイン人が多く住んでいるらしい。

P2065623.jpg

ハッチさんによるとモロッコはお金持ちと貧乏は家ですぐ見分けられるという。

右の角のような壁と角がしっかりしたような家は金持ちで左のような荒いものは貧乏な家なんだとか。

P2065624.jpg

この壁の反対側には海が

P2065625.jpg

画像では見えないかもしれないですが、右奥にはうっすらとスペインが見えます。

P2065627.jpg

このちょうど上には建物があってアメリカ人が購入してホテルにするために改装までしたのに使われてないらしい。

ホテルの看板もあった。

P2065630.jpg

この建物。

P2065631.jpg

画家の家の床。筆ではなく床に埋め込んであるようなもので書くらしい。とてもユニークは床。

P2065633.jpg

水道。この街にとってはとても重要な場所である。モロッコのまずしい家では電気屋水道がないらしい。

街にある数ヶ所の水道から水を運ぶためこれがないと生活できない人もいる。

P2065634.jpg

メディナ街のゲーセン。プレステがつながってるだけ。

P2065636.jpg

左の建物は学校。右の壁には穴があって新市街の方が望める。

P2065637.jpg

覗き。チラッ。

P2065638.jpg

なんか重要な建物らしいが説明がよくわからなかった。

P2065640.jpg

旧王宮。今は博物館になっている。

P2065642.jpg

目の前の立派な白い建物は37年前に亡くなられたアメリカの有名な作家さんの家らしい。

P2065644.jpg

壁には伝統的な模様が。全部手作り。

P2065646.jpg

再び街のライフラインの水道。

P2065649.jpg

バルセロナフットボールクラブが書かれた扉。

P2065651.jpg

日本じゃ法律に触れるレベルに近くに建設されている建物達。

P2065652.jpg

窓あるけどつかえないだろ・・・・・・

P2065653.jpg

別のパン屋さん。

P2065654.jpg

坂を下っていく。

P2065655.jpg

縫い物がされている通りにやってきた。

P2065660.jpg

ハリーポッターの杖屋さんのように上のものははしごでとる。

P2065661.jpg

町中でヒモを束ねていく店員。ここでやるかw

P2065663.jpg

商店街らしきところへ

P2065664.jpg

野菜がたくさん売られている。見える門がメディナ街の入り口。ここからは新市街。

P2065665.jpg

新市街の古めのほうに入る。

P2065668.jpg

香辛料がたくさん。

P2065671.jpg

昔ながらの洗濯機。5ユーロ。一瞬バックパッカーネタに買おうか迷ったが、邪魔なのでやめた。

P2065673.jpg

通りを抜けると

P2065675.jpg

じゅうたん屋さんにやってきた。

P2065676.jpg

彼がいろいろじゅうたんの種類を教えてくれる。

P2065680.jpg

モロッコのミントティのプレゼント。

P2065687.jpg

一通り全部種類を教えてくれた。全然お土産をかってなかったので、薄い小さなじゅうたんを豪華に毛布がわりにするために買った。

1枚300ユーロだっていってきたから2枚で50ユーロで買ってあげた。

P2065688.jpg

ここには伝統的な薬局がある。

P2075690.jpg

これも全部手作りだと薬局の壁を説明するハッチさん。

P2075691.jpg

薬局内は撮影禁止なので入り口付近から、薬品の瓶が見えるだろうか?

P2075692.jpg

いろいろ40種類ぐらいの薬品を紹介してもらい、せっかくなので旅人にいいものをくれともらったものがこれ。

ここでうっているものは本当にいいものだとハッチさんが行っていたが、お試ししたところ30秒で肩の疲れが抜けた。

ユンケルよりはるかにハイテクかもしれない。1本4ユーロ、3本で8ユーロ。3本購入、ユンケルより安い。

指につけて嗅ぐだけなので1本でしばらくはつかえる。オレンジ系の香り。

超絶疲れた時はお湯に4滴混ぜて飲むといいといっていた。

P2075721.jpg

これでだいたい終わり、暗くなる前に飯を食ってホテルに戻りたいのでハッチさんに飯屋だけ紹介してもらった。

P2075693.jpg

ここ。コースで12ユーロ。

P2075696.jpg

階段をのぼってハッチさんとお別れ。チップを気持ちばかり渡しておいた。

P2075698.jpg

結構綺麗なところ。

P2075699.jpg

最初は野菜スープ、トマトスープとカレースープの中間ぐらい。かなりスパイスが利いている。

P2075700.jpg

頼んだ水のボトルがどう考えてもエヴィアンのぱくり。

P2075702.jpg

2品目。チキンのパイ。これが死ぬほどうまい。中はチキンとアーモンド。外は春巻きの革みたいにぱりっと。ジューシーであって外には砂糖とサフランそのたもろもろ一杯使いすぎててわからないって店員がいっていた。

P2075705.jpg

その後はラム肉の串

P2075708.jpg

最後にコンソメ系の味の食べ物。お米みたいなのは穀物。南米で食べたキヌアにかなり似ているがもっと細かい。

上にはチキンが半匹のっていて、野菜はにんじんキャベツがメイン。

P2075712.jpg

最後にクッキー。こいつが悪魔。小さいにもかかわらず口の中の水分を全てうばっていく。

これ1個食べるのに水1本ぐらいはほしい。

P2075715.jpg

最後にミントティーでフィニッシュ。

P2075716.jpg

レストランからの風景。

P2075718.jpg

帰りに水を購入。3DH(約30円)、店番を中学生ぐらいの少年がやっていてまったくぼるきは0。

モロッコの人は子供心を是非わすれないでほしい。

そして5時宿に帰還。少し早いが時差の関係で気分は6時。ゆっくり宿で休もうと思う。

P2075720.jpg

ネットはないのでアップロードはできないが、回線があるところでしようと思う。

おやすみなさい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。