コンテンツへ移動

西洋放浪記 6日目 ジブラルタと猿

おはようございます。

ここが昨日からお世話になっていた、ジブラルタのエミル・ユース・ホステル。一泊20ユーロ。ドミトリー式。

P2065509.jpg

ルームメートだったアルフォンスさん、ジャニスさん、スモーキーさんと朝食くいながら記念撮影。

P2055275.jpg

さて、ジブラルタについたのもなんかの運命なので観光してきます。

あの山のぼります!

P2055277.jpg

入り口は半島の反対側らしいので、旅人らしく徒歩でスタート。

P2055279.jpg

スペインから突き出てる半島だけがイギリスだってことからわかる通りいろいろ国際問題はありました。

その名残からあちこちに城壁があります。

P2055283.jpg

イギリスなのですが、なんというかイギリスそっくりです。

P2055291.jpg

ガードマンもイギリス式だし。

P2055294.jpg

城壁をくぐり、よくわからないけどとりあえず山のぼるんだからと坂道を上り始める。

P2055297.jpg

にゃんこ。

P2055299.jpg

ちょっと雰囲気のある映画館もあります。

P2055301.jpg

ひたすらのぼります。

P2055302.jpg

あそこにのぼるんだ!

P2055303.jpg

坂の途中にも住宅はたくさんあります。車もたくさんありますし、バスもあるので困らないようです。

P2055304.jpg

坂からの景色でもみながら予断ですが、どうやらジブラルタでは1から6番までのバスがあり、5番(空港行き)以外はただでのれるようです。

P2055305.jpg

まだのぼります。

P2055307.jpg

かなりのぼってきました。

P2055309.jpg

到着しました。入り口に。はい。ここからが山です。歩くのが得意ではない方には徒歩ルートはおすすめできません。

ツアーかケーブルカーにのってください。ケーブルカーはやってない日もあるようです。

P2055312.jpg

ここからは歩道。

P2055313.jpg

少しずつ全景が見えてきました。反対側にみえるのがアルへシラスです。

P2055316.jpg

のぼること15分ぐらい。

P2055320.jpg

セイントマイケルの洞に到着。

P2055324.jpg

戦時中はここが病院として使われる予定があったらしいが、結局使われなかったんだとか。

P2055325.jpg

洞窟ではクラシックの音楽が流れててなぜか新鮮。とてもおちつく。

P2055328.jpg

出口付近にはこのジブラルタの象徴「猿」がまっていた。この猿達がこの山にいる限りはイギリス領がつづくという言い伝えがあります。

この言い伝えがあるため、昔猿が減ったときウィンストン・チャーチルがアフリカから買ってきて増やしたらしい。

P2055332.jpg

懐かしのコーンビーフパスティをたべます。

P2055333.jpg

カフェからの景色。

P2055334.jpg

進みます。

P2055336.jpg

景色を見ながら休憩

P2055347.jpg

階段登る!

P2055349.jpg

のぼりおわった!たぶん400段ぐらい。

P2055353.jpg

のぼりきったところには猿が待ちかまえていました。

P2055362.jpg

ナイス笑顔!

P2055366.jpg

にんじん中

P2055368.jpg

たべる。

P2055369.jpg

あじわう

P2055370.jpg

うーん・・・どうやらいまいちらしい。

P2055371.jpg

いい顔してる。

P2055386.jpg

山の反対側のトンネルにやってきました。

P2055412.jpg

グレート・スィージというトンネルです。昔手掘りでつくられたとんねるです。

P2055414.jpg

ジブラルタには実は存在している道路の全長より防衛のためにつくられた山の中のトンネルのほうが全長が長いとされています。

道路が30km台にもかかわらず、トンネルは57キロあります。

P2055415.jpg

トンネルの発射口からの風景。

P2055421.jpg

少し山をくだり次のトンネルにやってきました。こっちのトンネルは第2次世界大戦用につくられたものです。

さっきの手彫りとは違い爆弾で穴をあけ水を流し込み割れをつかってつくっていったそうです。

P2055437.jpg

昔電線をとおしていたフック

P2055445.jpg

全長57キロのトンネルの中心部となりここからさまざまな場所にいけるところらしいです。一般人は観光用のところしか入れません。

ガイドしてくれたおねえちゃんにきいたところ、そのガイドの会社にさえ教えてもらえないトンネルがあるそうです。

P2055446.jpg

戦争用に設けられた大砲。あまり使う機会がなくて寂しかったのでメンテはしっかりされいまでも使える状態らしいです。

P2055450.jpg

町を眺める猿

P2065457.jpg

最後にお城へ

P2065471.jpg

見終わったので下ります。個人的にこういう狭い階段が大好きです。

P2065476.jpg

下る

P2065479.jpg

街へでてきました。

P2065482.jpg

おなか空いたのでご飯をさがします。

P2065483.jpg

M&Sがある!本当にイギリスだ!

P2065486.jpg

Roy’s Codというフィッシュアンドチップスに入りました。

P2065493.jpg

wifiのパスワードを忘れたらしく隣のお店が0101010101だから!といって去っていた。

P2065495.jpg

何年ぶりだろう?フィッシュアンドチップス。うまし!

P2065496.jpg

さてさてそろそろ預けていた荷物をホステルにとりにいってアルへシラスへ向かおうとおもいます。

レンタサイクルの施設もジブラルタにはととのってます。

P2065501.jpg

意外とハイテク

P2065499.jpg

荷物を引き取ったので、ジブラルタの国境をこえたところのまちラ・リニアにむかいます。

P2065503.jpg

昨日は説明しませんでしたが、横断歩道があります。これ、飛行機の横断歩道です。

現在別の道路を建設中らしいですが、今は滑走路のど真ん中を道路が通っているのです。

そのため、飛行機が来るときだけ信号が赤になります。

P2065511.jpg

滑走路内。ちゃんとレーンも別れています。

P2065513.jpg

滑走路。

P2065517.jpg

反対側。

P2065520.jpg

スペインに帰国。今回も審査3秒グリアだった。パスポートひらかなくても通れた。

P2065525.jpg

ラ・リニアのバスステーションを探します。

P2065526.jpg

こんなところを通り。

P2065528.jpg

バスステーションについた瞬間アルへシラス行きがありました。

P2065531.jpg

バスからみたジブラルタ

P2065536.jpg

1時間ぐらいでつきました。

P2065537.jpg

今日の宿 La Palmaです。冷暖房完備、テレビあり,wifiあり、受付はスペイン語のみ 20ユーロ。

P2065545.jpg

さて、山を登ったからかかなり眠たいので寝ようと思います。

おやすみなさい!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。