コンテンツへ移動

西洋放浪記 3日目 世界一危険な道「エル・カミニート・デル・レイ」へ裸足で挑む。

ネットがないので更新が遅れます。

どうも。僕です。

念願の今日がやってきました。

晴れ男な僕がこれば、雨だった昨日からでもこの天気です。

P2024547.jpg

写真は宿のベランダから

P2024549.jpg

先に言っときますが、自由なクレイジージャパニーズとして有名な僕ですが、今日もバカしてきます。

過去のバカ参考:南米13日目 世界一危険な道「デスロード」へ挑む

※本日行うことは、人間はまねしないでください。

今日行く道はGizmodoさんとかGigazineさんとかカラパイアさんがが大好きそうな世界一危険な道といわれている場所です。
※カラパイアさんに紹介して頂けたようです。ありがとうございます!記事はこちらから

デスロードとの違いは車が通れるかとおれないかです。

今回はとおれません。人間のみです。

まぁまずは朝ご飯。冷蔵庫に前に宿にいた人がハムを残していってたので遠慮なく(期限とかは知りません。おなか弱い人はまねしないでください。)

P2024555.jpg

11時に今回道案内してくれるシルビア師匠と待ち合わせしているので、それまでお散歩。

P2024558.jpg

本当に綺麗な街です。観光地ではないですが。

P2024556.jpg

ちょっとふらふらしたら11時になりそうなので戻ります。

P2024557.jpg

シルビア師匠と合流し、車で目的地まで向かいます。

P2024561.jpg

気温は4度ぐらい。めずらしく寒いらしいです。

P2024562.jpg

師匠曰く大地が緑なのは冬の期間だけなのだとか。

P2024560.jpg

目的地に近づくにつれ、少しずつオフロードに

P2024564.jpg

もうすぐつきます。付近のダム地帯です。

P2024567.jpg

到着!準備中。

P2024571.jpg

しかし、事件発生。


宿からスリッパのまんま車に乗り込んでたwwwwwwwww


というわけで、やめるわけもなくスリッパおよび裸足で挑みます。絶対まねはしないでください(本日2度目)。

クレイジーなのが大好きな師匠は逆にテンションあがっちゃう。

P2024572.jpg

ここがスタート地点です。

P2024574.jpg

50mぐらいのトンネルを抜けていきます。

ここで軽く説明させていただくと、これから行く場所は「El Caminito Del Rey – エル・カミニート・デル・レイと呼ばれる場所です。(別称:王の小道)

一時期Youtubeにあった動画が話題になったので知っている人もいるかもしれません。

100年以上前に王様が水路を見学するために作られた通路です。

公には立ち入り禁止とされていてwikipediaにもそう記載されています。

実際はこの小道へ行くまでの道路が通行禁止とされていて行くことが推奨されないというだけです。

近々観光地とするために補修工事を行う計画があるようなので本当に立ち入り禁止になる可能性は高いです。

まぁ、行きたい人が何人いるかわかりませんがw

行ってみましょう。

P2024575.jpg

まずは第2の渓谷へ向かいます。Youtubeで上がっているのは第1の渓谷です。

第1の渓谷までの道路が通行禁止となっているため今回は第2の渓谷→第1の渓谷→第2の渓谷という感じに歩いていきます。

P2024577.jpg

師匠が道案内してくれます。

P2024579.jpg

道路になっていますが、公道ではなくダムの管理をしている電気会社の方しか入れません。

P2024583.jpg

ちょっと景色でも

P2024585.jpg

ダムがあります。

P2024586.jpg

極力おすすめしませんの看板。訳すと「王の小道は通り抜けできません。行かないでください。高確率で転落の可能性があります。」

つまり通り抜けできないだけで。禁止ではないのです。

P2024587.jpg

ダムがあります。

P2024588.jpg

奥に王の小道がみえてきました。

P2024591.jpg

第2の渓谷の入り口は塞がれています。通れません。

P2024593.jpg

ドアの横からのぞくとこんな感じ。ちょっと見えづらいですが右側の通路が10mぐらい崩壊してて通行不可です。

P2024594.jpg

第2の渓谷の入り方は

山をよじ登る、崩壊している反対側の位置ぐらいまで移動する。ロープでおりる。ね?簡単でしょ?

というわけで上ります。そろそろお忘れだと思うので、再度いっておきますがスリッパで行っています。

※注意:人間はまねしないでください

P2024598.jpg

わかりづらいですが、ここからロープで下ります。帰りはもちろんロッククライミングです。

P2024604.jpg

準備中

P2024605.jpg

下りました。師匠待ち。

P2024606.jpg

おまたせ!王の小道きました!※スリッパです。

P2024612.jpg

ちょっと見えづらいですが、画像中央ぐらいにさきほどのドアが見えます。そこから全部崩壊してます。

P2024609.jpg

さてどんどん行きます。ロードオブザリングみたいでわくわくします。

P2024616.jpg

美しい・・・・芸術ですね。

P2024618.jpg

ところどころ下におりる階段があります。

P2024621.jpg

どんどん進みます。

P2024624.jpg

今歩いてきた道、こんなかんじです。

P2024629.jpg

ここらへんはまだ通路がしっかりしているので、普通にあるけます。

P2024634.jpg

まぁところどころ少し割れてますがね。

P2024636.jpg

通りがかった人に師匠との写真を撮ってもらいました。ありがとうございます。

P2024641.jpg

さてとさっそく道がありません。これだから禁止されかけるんですね。

P2024644.jpg

渡ります。一応命綱をつなげるワイヤーはありますけど、相当昔に張られたようで切れているところや、切れかけているところがあります。おそらく全体重かけたら切れそうな場所も多いです。

P2024648.jpg

金属ちょっと揺れます。

P2024650.jpg

さてさて進みましょう。

P2024657.jpg

振り返ると第2渓谷がみえます。

P2024659.jpg

橋があります。帰りに渡ります。

P2024661.jpg

道幅は人二人分ぐらいあります。

P2024664.jpg

道がかなり崩壊してるところへやってきました。(画像は渡り終わった場所から)

P2024670.jpg

最初は金属をつかってバランスとれますが、後半は石のわずかなくぼみを使って渡ります。

毎回このように渡るときは裸足ですが、ジャケットにスリッパを突っ込んでます。

P2024666.jpg

進みます。

P2024671.jpg

ここは命綱つなげるところがないのでそのまま渡ります。(またもや渡り終わったところから)

P2024674.jpg

さてここらへんで第2の渓谷はおわり。

P2024675.jpg

普通の山道を30分ほどあるいて第1渓谷へ向かいます。

P2024676.jpg

スリッパでも余裕な山道。

P2024679.jpg

ところどころ木が倒れてます。

P2024681.jpg

非常食発見。ちょっとおなかがすいたので食べます。

P2024685.jpg

ドライバナナみたいな味がします。かなり甘いです。ただのどが尋常じゃなく渇きます。

P2024686.jpg

山道沿いにはずっと水路があります。京都の水路のところにかなりにてますね。

P2024689.jpg

第一渓谷がみえてきました。

P2024691.jpg

振り向けば常時絶景です。

P2024693.jpg

第一渓谷到着。すれ違う人にスリッパじゃねーかwといわれたものの師匠が華麗に「彼はいかれてるわけじゃないの!靴忘れただけなの!」と言う。

いや!フォローになっていません!

P2024698.jpg

第一渓谷も初っぱなから道がありません。師匠によると来るたびに悪化してるとか。

P2024699.jpg

ほんと来る人も人間じゃないと思いますけど、作った人が人間じゃないとおもうんですよね。

P2024704.jpg

渓谷の反対側には線路が通っています。

P2024706.jpg

道をみると

P2024705.jpg

あちこち抜けています。さすがに100年たつと崩れてくるんですね。

P2024708.jpg

この小道のシンボルともいえる水路がみえました。(橋みたいなやつ)

P2024711.jpg

もうすぐで水路です。

P2024715.jpg

水路を渡ります。

P2024722.jpg

渡り終わったとおもった矢先、また通路が抜けてます。

P2024724.jpg

師匠が突然止まって!右腕さげて!とか記念撮影を始める。落ちたら死にますが、嫌いじゃないです。

P2024726.jpg

空中ストップも終え、渡り終えました。

P2024733.jpg

もうすぐで第一渓谷は終わりです。

P2024744.jpg

景色

P2024746.jpg

最後は上の通路は崩れているので下の通路を通ります。

P2024748.jpg

上から通路の下をこんな感じの岩場を下ります。傾斜角度は70度ぐらい。

P2024753.jpg

金具が打ってあるので活用します。

P2024750.jpg

ここを渡ります。渡らないと帰れません。上には通路がないといいましたが、下は透明なだけで通路がけしてないわけではありません。

P2024752.jpg

ほらね。見えないだけでしっかり通路があります。

P2024754.jpg

気温が4度ぐらいなので裸足だと金属が冷たいです。

P2024758.jpg

再び師匠から空中ストップ指令。

P2024760.jpg

よっぽど裸足がうけたのか、あとでみたら足のどアップ写真がありました。

P2024763.jpg

逆方向から向かう人たちもいます。今渡ってきた通路です。

P2024766.jpg

帰りはスタンドバイミーします。

P2024768.jpg

レッツゴー!

P2024770.jpg

線路からみた第1渓谷。美しい。

P2024773.jpg

もうちょっと寄って

P2024774.jpg

ここも渡ってきた第1渓谷です。

P2024775.jpg

もっと寄って

P2024777.jpg

ひたすら第2渓谷方面へ進みます。

P2024780.jpg

景色。

P2024785.jpg

再びトンネル。

P2024788.jpg

電車が通る時よけるスペースはありますが、通るのは特急列車の可能性が高いので逃げ遅れないように注意してください。

P2024790.jpg

橋を渡り。

P2024796.jpg

再びトンネル。

P2024797.jpg

抜けます。

P2024798.jpg

第2渓谷へ戻ってきました。橋のところです。

P2024800.jpg

橋。

P2024804.jpg

先ほどあるいた第2渓谷です。

P2024809.jpg

第2渓谷は第1渓谷ほど高さはありません。

P2024810.jpg

ちょっと少しだけ動画はっときます。

最初に来たほうへ帰ります。

P2034815.jpg

戻ります。

P2034817.jpg

水を流すところです。すべり台ではありません。

P2034820.jpg

第2渓谷とあるいてきた線路。

P2034822.jpg

歩く。

P2034826.jpg

今朝下ってきたところを上ります。

P2034831.jpg

アメリカからのクライマー二人も一緒に上がってきました。

P2034837.jpg

無事帰還しました。

P2034838.jpg

今朝とおってきたトンネルを再びぬけ。

P2034843.jpg

千と千尋のように

P2034844.jpg

現実世界へ戻ってきます。

P2034845.jpg

今回のおおよそのGPSログです。iPhone4S(KingGPS)にて取得。

ちょっと近くのパブに車を止め。

P2034847.jpg

アメリカ人二人と4人で休憩します。

P2034846.jpg

アメリカ人二人はエル・チョロに戻るらしいのですが、珍しく寒い日なのでスペイン人は寒さを恐れて外に出ません。(とシルビアが言ってました)

P2034849.jpg

というわけでエル・チョロまで送ってきました。

P2034850.jpg

オリブブランチというプロのクライマーのたまり場らしい。

P2034852.jpg

個室あり、ドミトリーもあり、お金なければ庭にテント張るのもあり。何でもありです。

P2034853.jpg

クライミングが主流の街ですが、トレッキングもあるということなので、シルビアに宿主に紹介してもらいました。

スペインをさらに南下して戻ってくるとき時間があれば寄ろうと思います。

P2034854.jpg

居間で世界中からのプロクライマーと仲よくなりました。スリッパと裸足で王の小道いってきたとみんなに紹介されすぐに打ち解けました。

P2034855.jpg

ダーツボードの下におじちゃんがヘルメットかぶって笑いながらとってくれた。

P2034860.jpg

さて遅くなる前に帰ります。エルチョロからみた第一渓谷。

P2034864.jpg

これで終わり!どうだったでしょうか?

P2034867.jpg
ずっと来たかった場所なのでうれしかったです。
実際行ってみてよかったです。
ただ危険なのでまねはしないでください。
それでは、おやすみなさい。
明日はロンダという街に向かおうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。