コンテンツへ移動

南米23日目 チリ・イースター島2日目

おはようございます。

晴天です。歓喜です。

P9223064.jpg

さっそく出発。まずは車で島一周するのに必要な食べ物、飲み物などの買い出しへ。

P9223066.jpg

スーパーで売っていたのでついつい。おいしそう。ベルリンという名前のお菓子らしい。お店のおばちゃんが教えてくれた。

P9223068.jpg

車をレンタルして出発!1万円ぐらいだったので一人5000円ぐらい。お昼に借りたので明日のお昼にかえしに行く。

保険とかはイースター島にはないので何かあった場合すきな額請求できるようにレンタル時クレジットカードの控えをとられます。

クラッチをいくら踏み込んでも1速にはいらないという不具合はあったが問題なく旅できたのでOK。

P9223070.jpg

道はほぼ1本道。進めー!

P9223073.jpg

海沿いの道をずっと行く

P9223076.jpg

走っていると急にモアイが右手に左手に現れる。

P9223079.jpg

街をでてからの初モアイ。

P9223074.jpg

ここまで一本道だときもちいね。

P9223088.jpg

一昔まえモアイ倒しというものがあったらしく多くのモアイは倒れている。顔が埋まっている。

P9223095.jpg

モアイには乗らないでマークが・・・!なんかシュールw

P9223099.jpg

そして進むと再びモアイ。

P9223100.jpg

今度は逆向きに倒れている。

P9223105.jpg

ちなみにこんな感じに車をとめて自由にモアイを見て回る。

P9223107.jpg

有名なRano Rarakuへ到着。ここでモアイの切り出しを行っていたといわれ 多くのモアイが建っている。

Rano Rarakuへは入場券が必要だ。後ほど行くRano Kauという火山口もあわせてUS60ドルだ。

P9223108.jpg

寄ってみるとモアイだらけ!

P9223112.jpg

モアイそしてモアイ。

P9223114.jpg

基本的にモアイ以外は草原と海です。右にちょっとみえるのが駐車場です。

P9223116.jpg

しばらくモアイをお楽しみください。

P9223119.jpg

モアイ

P9223120.jpg

遠くに15体のモアイが並ぶ Ahu Tongarikiが見えます。

P9223121.jpg

ちょっとズームして。みえますでしょうか?後ほど行きます。

P9223124.jpg

女性のモアイ

P9223130.jpg

切り出し途中なモアイ。こうやってつくっていたんですね。しかしどうやって運んでいたんだろう?

P9223129.jpg

切り出し中のモアイのまねでも。他にもひといたけど人の目など気にせぬ!とおもってやったらうけたらしくそのあと外人もやっていた。

P9223128.jpg

上からみたモアイ達。

P9223137.jpg

モアイと一緒に。俺小せぇ・・・

P9223139.jpg

すぐ横には火山口があります。

P9223140.jpg

とおくにモアイ達が並んでいます。

P9223142.jpg

ズーム!

P9223151.jpg

さてRano Rarakuを背景に車で5分もかからないところにあるAhu Tongarikiへ向かいます。

P9223154.jpg

着きました。

P9223155.jpg

ついに

P9223161.jpg

きました。

P9223156.jpg

説明文です。小さくて読めないですよね。

Ahu tongarikiは実は1960年のチリ沖大震災の津波によって押し流されてしまいました。

そこで日本のクレーンメーカー「タダノ」と「飛鳥建設」の協力により美しく修復された日本ととても関係の深いモアイです。

P9223160.jpg

とりあえず記念撮影。しかしこれじゃあつまらない。

P9223165.jpg

モアイ17体へ

P9223169.jpg

正面から。広角のレンズを持っていないので画面内に収めるのが一苦労w

P9223171.jpg

さきほど見ていたRano Rarakuがある火山がみえます。

P9223173.jpg

さて移動しましてここだけ常夏と噂のビーチ付近へやってきました。(けして気温は高くないです。)

本当に常夏なのか疑ってました。

P9223182.jpg

常夏でした・・・・!寒いので絶対泳がないです!

P9223185.jpg

常夏のビーチにももちろんモアイがいます。

P9223190.jpg

さて島を半周しました。ここから一気に町の方へ戻り Rano Kauへ向かいます。入場時間がかなりぎりぎりなのでスピード制限を超えない程度にスピードMAXで走ります。

P9223196.jpg

ひたすら走る。

P9223201.jpg

車窓からは常時絶景。

P9223202.jpg

街の反対側にあるRano Kau。山をのぼって行くが道あってるかな?と思うほどオフロードで看板もない。

P9223205.jpg

到着。

P9223234.jpg

受付の建物が美しい。おじさんが入り口を閉めていたが急いで回ってきてねと入れてくれた。

他の観光客がほとんどいなく貸し切り状態。

P9223214.jpg

約束は守ります。急いで回ります。

P9223217.jpg

右をむけば海

P9223216.jpg

そして左を向けばRano Kau。到着しました。

P9223221.jpg

外人カップルが撮ってくれた。ありがとう。

P9223224.jpg

Rano Kauでこんなことも。この火山へのでっぱり、ロードオブザリングを思い出す。

P9223228.jpg

日が沈んできた。ここから夕日スポットをめざす。

P9223235.jpg

おじちゃんありがとう!

P9223238.jpg

登ってきたオフロードな山を下り。

P9223243.jpg

街をとおりぬけP9223244.jpg

到着。Akiui Ahu という7体のモアイが並ぶ場所です。

P9223246.jpg

何故この場所にきたかというとモアイの見ている方向に夕日が沈むという。

P9223254.jpg

モアイの目先には夕日。最高の締めだ。

川口さんによると僕たちの来る前の日まで雨が振っていたらしい。本当についている。

明日は朝日を見に行くため早起きするので早めに寝ます。

おやすみなさい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。